宮崎市

ホーム産業・事業者農林水産業おいしい農畜産物宮崎牛ステーキセット

宮崎牛ステーキセット

宮崎牛イメージ

NB-1■宮崎牛ステーキセット
30年前に両親が肥育を始め、20歳の時に後を継いだ生産者。
稼業を継ぐことになり三重県の松坂牛の牧場で3年ほど修行した経験がある。

宮崎ふるさと愛寄附金ー宮崎牛ステーキセット宮崎ふるさと愛寄附金ー宮崎牛ステーキセット宮崎ふるさと愛寄附金ー宮崎牛ステーキセット
 

宮崎は牛を育てる最適な環境

宮崎は元牛に質の良い子牛が多く、暖かくて雨も少ない為、育てるにあたってとてもいい環境だという。
そして牛舎は山奥にあり、空気もよく、騒音もなく、牛達ものびのび育っている。
一つ一つのケージも広く、牛たちにストレスを感じさせない最高の環境を整えている。
餌は地元で採れた干し藁と配合飼料で、足りない栄養分はタービンを回して生産者自身も作っている。
飲み水にもこだわり、山の湧き水を引き、牛達が常にきれいな水を飲めるようにしている。
牛にストレスを与えないように、腹いっぱい食べさせて、たっぷり寝てもらうことで良い牛が育っていく。
 

霜降り豊かな宮崎牛は、比較的やわらかで、
ステーキ肉として非常に高い人気を誇っている。

「和牛のオリンピック」と呼ばれる全国和牛共進会において2連覇を果たし、名実ともに日本一の牛肉と認められている宮崎牛。宮崎牛の最大の特徴は、その肉質とその霜降りの良さ。等級4級以上の赤身は、締りが良く、滑らかな舌触り。肉全体に散りばめられた、キメの細かな霜降りがもたらすジューシーで柔らかな脂肪は、芳醇なコクでありながらもしつこくなく、口の中でさっぱりと溶け出す、これが宮崎が誇るブランド牛「宮崎牛」である。

 

食べてもらえる人へ美味しいを届ける

繁殖から一貫して行い、最低でも20カ月間肥育し、およそ30カ月をめどに出荷。
食べてもらう人に美味しいといってもらえることが一番うれしいと生産者は語る。

 

このページのトップに戻る