宮崎市

ホーム市政情報政策・計画福祉第三次宮崎市地域福祉計画

第三次宮崎市地域福祉計画

宮崎市では、社会福祉法第107条に基づき、平成21年3月に「ともに支え合い、安心して暮らせるまち」を基本理念とする宮崎市地域福祉計画(第二次地域福祉計画)を市民と行政の協働によって策定し、地域福祉の充実に努めてきました。

第二次地域福祉計画が平成25年度で終了することから、これまでの地域の支え合いをより一層推進するとともに、地域住民のつながりを再構築し、「ともに支え合い、安心して暮らせるまち」を目指して、「第三次宮崎市地域福祉計画」を策定しました。

地域福祉とは?

子どもから高齢者まで、障がいがある人もない人もすべての人が地域において、いきいきと自立した生活が送れるよう、地域住民や地域の組織・団体、NPO、事業者、行政などの多様な主体が協働して、ともに生き、支え合う、個性ある地域社会を形成する取り組みやしくみのことをいいます。

このような地域社会の実現にあたっては、「自助」「共助」「公助」の三つが適切に分担・連携していくことが大切です。

  • 自助とは・・・本人や家族での自助努力で営む個人の活動
  • 共助とは・・・地域社会において、個人と地域組織がお互いに助け合い、協力し合う活動
  • 公助とは・・・公的な制度として、行政や公的機関が支援すること

計画期間

第三次地域福祉計画の期間は、平成26年度から平成30年度までの5年間とします。

ただし、第三次地域福祉計画の策定後に制度や政策が変わり、記述の修正が必要になった場合、また、国などの動向や社会情勢などにより大きな変化があった場合には、必要に応じて見直しを行います。

このページのトップに戻る