宮崎市

ホーム市政情報広報・広聴報道資料【20171129報道資料】生目小の児童が伝統野菜 黒皮かぼちゃの生産現場を見学します

【20171129報道資料】生目小の児童が伝統野菜 黒皮かぼちゃの生産現場を見学します

1.目的

黒皮かぼちゃの生産現場を見学することにより、地元で生産される伝統野菜への理解を深める。

 

2.実施日時

平成29年12月6日(水)午前9時~10時半頃まで

 

3.場所

宮崎市大字柏原996 富永信行 氏 ビニルハウス

 

4.対象 

宮崎市立 生目小学校3年生(99名)

 

(参考)

昭和初期には生目地区で約1,000名200ha程度の作付がされて いた黒皮かぼちゃも、西洋カボチャの普及により、現在は、   生産者7名1.6haの作付まで減少している。

また、生産者の高齢化も進んでおり、新たな生産者の確保が  課題となっている。

出荷物は、関西の高級料亭向けを中心に出荷されており、   消費ニーズは確実にある。今後も伝統野菜としての希少性や味・食べ方などの魅力PRが必要。

 

このページのトップに戻る