宮崎市

ホーム市政情報広報・広聴報道資料【20180907報道資料】高木兼寛麦飯カレーの日

【20180907報道資料】高木兼寛麦飯カレーの日

脚気の撲滅に尽力し、ビタミンの父と呼ばれる本市高岡町穆佐出身の偉人「高木兼寛」の功績をたたえるとともに、児童・生徒が、ビタミンの重要性などについて学ぶきっかけとするため、高木兼寛生誕の日である9月15日の週等に、市内全ての小・中学校及び一部の保育所等の給食において「高木兼寛麦飯カレーの日」を実施します。(H29年度より実施)

 

■対象

・宮崎市内の全小中学校

・実施可能な一部の保育所等

 

■実施期間

9月15日前後の週等の中の1日

※行事等の都合により学校等で実施日が異なります。

 

■実施内容

[1] 給食の献立を「麦飯のカレー」とします。

      小・中学校については、麦(ビタミン)の特色を出すために、通常の給食より5%程度麦を増量した麦飯を使用します。

[2] 小・中学校の「食育だより9月号」へ高木兼寛に関する記事を掲載します。

[3] 小・中学校においては、高木兼寛と麦飯カレーに関する「一口メモ」の校内放送を行います。

 

■地域住民を招いた試食交流

日時 平成30年9月14日(金)12:10~13:00

場所 宮崎市立穆佐小学校

内容 高岡地域内の各団体(地域協議会、自治公民館連絡協議会、まちづくり委員会、商工会、高木兼寛顕彰会)の代表者を招いた子どもたちとの試食交流を行います。

 

このページのトップに戻る