宮崎市内遺跡地図【簡易版】

ご利用上の注意(必ずお読み下さい)

埋蔵文化財包蔵地(遺跡)とは

  埋蔵文化財とは、「地中に埋まっている土器や石器、竪穴住居等」のことを指します。また、埋蔵文化財が埋まっている土地を「埋蔵文化財包蔵地(以下、遺跡)」と呼びます。宮崎市内には約950箇所(平成29年8月現在)の遺跡が存在しており、土地の開発にともなって新たに発見されたり、範囲が広がったりしています。こうした遺跡の範囲内で建物建築や土木工事等(以下、工事等)を行なう場合は、「文化財保護法」に基づく手続きが必要となります。また、遺跡の範囲外であっても、工事中に未発見の遺跡(土器や石器等)が発見された場合には、工事を一時中断し速やかに届出ることが義務付けられています。

 

その他

  • 表示してある遺跡範囲は円形、楕円形などに簡略化したものです。そのため、この遺跡範囲は正確なものではありませんので、ご注意下さい。
  • 遺跡地図など、本ページの内容を無断で転用、転載することはおやめ下さい。
  • 遺跡地図の使用により生じた、直接もしくは間接的損害について、宮崎市教育委員会は一切の責任を負いません。
  • こちらのページに関するお問い合わせは宮崎市教育委員会文化財課までお願いします。また、遺跡かどうかの確認に関しては埋蔵文化財事務手続きをご覧下さい。

 

以上の注意事項にご同意のうえ、遺跡地図をご利用下さい。

下記の関連書類から、ご覧になりたい地区の地図をクリックしてください。

凡例

指定文化財

 

土地の土木工事等は現状変更の許可が必要になります。指定されている史跡、天然記念物に隣接する土地については、文化財に影響を及ぼす可能性があるため、土木工事に伴い事前協議が必要になります。 

埋蔵文化財包蔵地

 

分布調査やその後の調査により、遺跡として確認された場所です。土木工事等に伴い事前協議が必要であるとともに、工事着手前の60日前までに文化財保護法 第93条第1項、同94条第1項の提出が必要になります。また、この隣接地においても埋蔵文化財が存在する可能性は高いといえます。

城跡

 

文献及び発掘調査で確認されている城跡です。城跡も周知の埋蔵文化財包蔵地であるため、土木工事等に伴い、上記、埋蔵文化財包蔵地と同様の協議、提出書類が必要になります。 

 

宮崎市内遺跡地図(全体図).jpg

カテゴリー