国指定重要文化財

1.木造薬師如来及び両脇侍像三躯

(国指定重要文化財)

木造薬師如来及び両脇侍像三躯の写真

所在地:瓜生野1068番地(王楽寺)
指定:昭和19年9月5日

この仏像を祀る竹篠山王楽寺は、僧最澄が開いたと伝えられ、室町時代から天正・慶長年間には、12支院を擁し最も栄えました。

御本尊の薬師如来は坐像で像高85.5センチ、両脇侍像はどちらも立像で、左脇侍の日光菩薩像は102.4センチ、右脇侍の月光菩薩像は像高101.5センチです。3体共にヒノキの寄木造りで絹張り漆がけの上、金箔塗りで仕上げています。作風は平安時代の彫刻技法を用いたものと推定され、鎌倉時代初期に中央の仏師によって彫られたものと思われます。それらははぼ完全な形で現在まで伝えられており、穏やかで慈愛に満ちた像容を表しています。

これらの仏像は、過去に元禄12年(1699)と昭和27年に、修復・塗替えを行っています。

毎年4月8日の花まつりの時に、一般公開されています。

2.旧黒木家住宅

(国指定重要文化財)

旧黒木家住宅の写真

所在地:神宮2丁目(県総合博物館屋外)
指定:昭和48年2月23日

西諸県郡高原町蒲牟田の霧島東神社に近い祓川地区にあった民家を県総合博物館屋外施設として移築復元したものです。

この民家は分棟式民家の分類に属し、平入りの「オモテ」と妻入りの「ナカエ」の2棟間を「テノマ」と呼ばれる板敷きの間で結んでいます。従って、分離・接合が比較的自由に行われやすい中で、オモテ・ナカエの年代が揃っていることは貴重であり、この型式の民家の好例といえます。また、このテノマが板敷きであることのほか、床高がナカエと同高でオモテより一段低いことなど、古型式をそのまま残しています。

建築時期については、梁架構の方式や、材の仕上げ、経年等から文政~天保頃と推定されていましたが、解体工事の折に発見された墨書によって、天保5年(1834)12月から同7年4月にかけて建築されたこと、郡奉行の御用宿を勤めたことなどが判明しました。

3.旧藤田家住宅

(国指定重要文化財)

旧藤田家住宅の写真

所在地:神宮2丁目(県総合博物館屋外)
指定:昭和48年2月23日

西臼杵郡五ヶ瀬町にあったものを民家園に移築復元したものです。調査時に、「天明七未歳十二月吉日」と書かれた柱が発見されました。

天明7年(1787)に建てられた、南九州に残る最古の民家です。

4.木造騎獅文殊菩薩及脇侍像(五躯)附木造天蓋一面

(国指定重要文化財)

うてんのう 最勝老人 文殊菩薩 ブッタバリ 善財童子

(左から優填王像、最勝老人像、騎獅文殊菩薩像、仏陀波利像、善財童子像)

所在地:佐土原町上田島767(大光寺)
指定:昭和19年9月5日

運慶五代の孫康俊の作になる騎獅文殊菩薩は、木造、彩色、玉眼造りです。右手に剣、左手に巻物を持ち、従者として優填王、最勝老人、仏陀婆利尊者、善財堂子を従えており、口を開き、牙をむきだしにした獅子の上に趺座しています。菩薩頭上の天蓋は、木造、漆箔、銅製の飾り金具つきで、円形の中心に蓮の花を置き、これに天女三躯を配し、周囲に八葉の吹き返しをつけています。

5.乾峯士曇墨蹟(六種)

(国指定重要文化財)

けんぽうしどんぼくせき

所在地:佐土原町上田島767(大光寺)
指定:昭和40年5月29日

乾峯士曇は鎌倉時代の名僧で当時わが国屈指の書家でもありました。大光寺に士曇の書を多数残すのは、建武二年同寺を開山創建した嶽翁長浦が士曇の高弟だった関係のためです。墨蹟六種は、(一)大光寺開堂祝偈一巻、(ニ)園悟禅師法語二幅、(三)建仁寺常楽庵造塔幹縁疏一巻、(四)南禅寺上堂法語一巻、(五)授嶽翁長甫伝衣偈一幅、(六)書状六通です。

6.巨田神社本殿一棟附棟札22枚

(国指定重要文化財)

こたじんじゃほんでん巨田神社むな札

所在地:佐土原町上田島巨田(巨田神社)
指定:昭和53年5月31日

巨田神社の本殿は「三間社流造り」で、室町時代の神社建築様式をそのまま残しています。南九州では数少ない中世建築の建物で宮崎県内では最古のものです。建立や修理の棟札も残っている点でとても貴重な資料で、このうち22枚が国指定文化財になっています。昭和56年の大改修に伴い、最も古い文安5年(1448)の棟札が建立時のものと確認され、文安5年に佐土原(藤原)祐賀によって建立されたことが判りました。

カテゴリー