高齢社会フォーラム in 宮崎 を開催します

高齢社会フォーラムのチラシデータ

チャレンジを応援し続ける社会を築く

毎年、東京及び地方都市1か所で開催されている高齢社会フォーラムが、今年は宮崎市で開催されます。
高齢化するコミュニティでは、高齢者自身が積極的にチャレンジすることに加え、その気持ちを他の高齢者、若者、民間団体、行政等により、社会全体でサポートする地域づくりが重要です。
多世代が支え合い、高齢期も活躍できる地域社会を構築するためにはどのような課題があるのか、実践事例も踏まえながら、共に考えていきましょう。

開催概要

日時:平成29年10月6日(金)  13:00~16:30

会場:宮崎市民プラザ  オルブライトホール

プログラム:

12:30  受付・開場
13:00  開会挨拶(内閣府・宮崎市)
13:15  表章式(エイジレス章及び社会参加章)
               活動事例発表
14:30  基調講演
               「高齢者から発進!  世代をつむぐ、三方よしの地域づくり」
                 藤原  佳典(東京都健康長寿医療センター研究所・社会参加と地域保健研究チーム研究部長)
15:20  行政施策説明(宮崎市)
15:30  パネルディスカッション
               「意・職・住(い・しょく・じゅう)」~新しい宮崎LIFEのご提案~
                 コーディネーター  土屋  有(国立大学法人 宮崎大学地域資源創成学部 講師)
                 パネリスト  黒田  カチ子(宮崎県人権擁護委員連合会会長)
                                  杉山  智行(一般財団法人みやぎん経済研究所 主任研究員)
                                  橋口  恵美子(株式会社インタークロス会長)
                                  髙島  弘行(宮崎市福祉部長)
16:30  閉会

 藤原佳典さんの写真

藤原佳典プロフィール
北海道大学医学部卒、京都大学大学院医学研究科修了(医学博士)。2004年より高齢者の社会貢献型ヘルスプロモーション研究の一環として、世代間交流型絵本の読み聞かせシニアボランティアプログラム「りぷりんと」を開発し、高齢者の健康増進と子ども・子育て世代、地域へもたらす多面的効果を実証した。NPOぷりんとネットワーク理事として全国15自治体で、絵本の読み聞かせプログラムを展開中。2011年より原色、東京都健康長寿医療センター物忘れ外来兼務。他世代共生の地域づくり・ソーシャルキャピタルの視点から高齢者の社会参加と介護予防・認知証予防について実践的研究を進めている。

土屋有さん写真

土屋有プロフィール
大学進学のため上京し、在学中に株式会社アイレップに参加。後に取締役となり、ジャスダック上場。その後も株式会社あいけあ(代表取締役)、株式会社インターネットインフィニティー(執行役員)、面白法人カヤック(事業部長)を経て、宮崎市にUターン移住。株式会社アラタナ(取締役兼ECマーケティング事業本部長)に2013年5月~2016年3月まで参加し、2016年4月より宮崎大学地域資源創成学部講師に就任(研究テーマ:ソーシャルビジネスにおけるマーケティング活用モデル研究)。

 

【参考:チラシデータ】
高齢社会フォーラム  表(A4) (JPG 273KB)
高齢社会フォーラム  裏(A4) (JPG 168KB)

お申し込み

参加申し込みは次の2通りの方法があります。申し込み受付後、ご記入いただいたご住所に「参加証」をお送りしますので、当日会場へお持ちください。

1   参加応募フォームから申し込む

2   申込書に記入して申し込む
     必要事項にご記入の上、宮崎市長寿支援課へ郵送・FAXにてお送りいただくか、ご持参ください。

申込書 (XLS 14KB)  

申し込み・お問い合わせ先

宮崎市 福祉部 長寿支援課

880-8505  宮崎市橘通西1-1-1

電話(0985)21-1773    FAX(0985)31-6337

カテゴリー

地図