宮崎市

旅館業

旅館業について

1 旅館業とは

「旅館業」とは、ホテル営業、旅館営業、簡易宿所営業及び下宿営業をいいます。

  • 「ホテル営業」とは、洋式の構造及び設備を主とする施設を設け、宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業です。
  • 「旅館営業」とは、和式の構造及び設備を主とする施設を設け、宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業です。
  • 「簡易宿所営業」とは、宿泊する場所を多数人で共用する構造及び設備を主とする施設を設け、宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業です。
  • 「下宿営業」とは、施設を設け、一月以上の期間を単位とする宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業です。

2 許可・申請手続きの流れ

●事前相談
旅館業を経営しようとする者(以下営業者という)は、宮崎市保健所長の許可を受けなければなりません。
(宮崎市内のみ)施設の構造設備等が、法律や条例に基づく基準に適合しているかを確認するため、施設の平面図等を持参のうえ、事前に保健所へご相談ください。
●書類の提出・施設の検査
営業者は、必要書類等を添えて旅館業営業許可申請書を提出してください。様式および必要書類は下記の申請・届出様式等を参照ください。
提出された書類の審査を経て、施設の検査を行い、後日、許可証の交付となります。余裕を持って申請してください。
なお、申請施設は宮崎市内に限ります。また、電子申請・届出には対応していません。FAXや郵送での受付もできません。ここでは申請様式のダウンロードが行えます。
 

詳しくは宮崎市保健所保健衛生課生活衛生係までお問い合わせください。

3 変更等

旅館業営業許可申請書に記載した事項や構造設備に変更が生じた場合は、10日以内に保健所に届け出なければなりません。法人の合併または分割により営業者の地位を承継しようとする場合は、事前の申請が必要です。また、営業者が死亡した場合において、相続人が当該旅館業を承継しようとするときは、営業者の死亡後60日以内に保健所に届け出なければなりません。なお、該当施設は宮崎市内に限ります。また、電子申請・届出には対応していません。FAXや郵送での受付もできません。ここでは申請等様式のダウンロードが行えます。

詳しくは宮崎市保健所保健衛生課生活衛生係までお問い合わせください。

4 停止・廃止

停止もしくは廃止した場合は、10日以内に保健所に届け出なければなりません。なお、該当施設は宮崎市内に限ります。また、電子申請・届出には対応していません。FAXや郵送での受付もできません。ここでは届出様式のダウンロードが行えます。

詳しくは宮崎市保健所保健衛生課生活衛生係までお問い合わせください。

カテゴリー

このページのトップに戻る