宮崎市

ホーム健康・福祉健康・保健衛生感染症の予防マダニが媒介する感染症にご注意ください!

マダニが媒介する感染症にご注意ください!

平成29年6月上旬に、マダニが媒介して感染する重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の発生届出がありました。

宮崎市保健所管内での発生は今年1例目です。

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)はマダニにかまれることで感染します。

マダニはシカやイノシシ、野ウサギなどの野生動物が出没する環境に多く生息しています。

また、民家の裏山や草むら、藪、畑など身近なところにも生息しています。

野生動物に触れたり、山へ入るとき、屋外での活動の際は注意が必要です。

マダニに咬まれないよう、屋外では、腕・足・首など肌の露出を少なくする服装をしましょう!

 

詳しい注意点については、下記のリンクからご確認ください。

ダニ媒介感染症(厚生労働省ホームページ)

カテゴリー

このページのトップに戻る