宮崎市

ホームくらし・手続き消防・防災救急・消防消防団の色々な活動

消防団の色々な活動

女性消防団

女性団員画像

 団員の減少や高齢化、社会構造の変化、隣保共存意識の希薄化などに伴い組織が弱体化の傾向にありました。
 女性消防団員を採用し女性のきめ細 やかさや思いやりなど女性ならではの分野を担っていただき、消防団の活性化やソフト化並びに地域との連帯強化を図り、変化する社会に柔軟に対応し広く住民 の期待に応えるため平成元年9月に結成しました。

女性団員の主な活動

 

 
  • 市民への上級・普通救命講習の指導
  • 高齢者、独居老人世帯等の防火訪問
  • 街頭での火災予防広報活動
  • 消防の式典や行事への参加
  • 自主防災訓練等での応急手当法指導

上級・普通救命講習

 

救命講習会イメージ

  多くの女性団員が「応急手当指導員」又は「応急手当普及員」の資格を持っています。応急手当指導員はバイスタンダー(救急現場に居合わせた住民)への応急 手当講習に従事し、高等学校やPTA、自治会や事業所などの上級・普通救命講習で消防職員を補佐し、主に心肺蘇生法や止血法の実技指導を担当、救命率 の向上に努めています。

 

高齢者世帯などの防火訪問

 春と秋の火災予防運動期間を中心に、一人住まいの高齢者等の世帯を訪問し、女性特有のソフトできめ細やかな思いやりのある防火指導を行っています。

 

寸劇による防火広報

 住宅用火災警報器やAEDなど、消防に関することをテーマにした寸劇を行っています。演じるのはほとんどが女性団員で、消防団音楽隊の定期演奏会や県消防大会において、多くの市民や消防関係者に披露し、広報やPRに一役かっています。

女性分団による寸劇画像

 

水上バイク隊(機能別消防団員)

水上バイク隊イメージ

 平成19年4月、宮崎市消防団に「水上バイク隊(隊員15名)」を創設しました。あらゆる災害や防災訓練等に出動する従来の消防団員と異なり、水害時や水難救助訓練など限られた消防団活動を行う“機能別団員”です。

 創設のきっかけは、平成17年9月に発生し全国に甚大な被害をもたらした台風14号です。この台風による大雨により市内各地で浸水被害が多発し救助活動が難航、 その時、消防局の要請によりに民間の水上バイク愛好者4名が出動し、浸水家屋などから約90名を救助するとともに医療機関への物資搬送等の活動を行いまし た。この時のような大規模水害等への対応策の一つとして全国に先駆けて機能別消防団「水上バイク隊」が誕生しました。

 

消防団ラッパ隊

ラッパ隊による演奏風景

 宮崎市消防団ラッパ隊は、大淀分団員の有志35人で結成され、昭和56年1月7日に行われた宮崎市消防出初式で吹奏したのが最初の活動です。
 現在では、消防の式典や各種のイベントを中心に地域の祭りや行事にも参加しており、地域との繋がりを深めています。

主な活動・行事

  • 消防出初式
  • 消防操法大会
  • 消防職、団員殉職者慰霊祭
  • 消防救助技術指導会
  • 消防と音楽のつどい(宮崎市消防団音楽隊定期演奏会)
  • 宮崎県消防大会
  • 地域の祭りなど

消防団音楽隊

音楽隊の演奏風景画像

消防団音楽隊は、演奏を通して「防火思想の普及」と「消防士気の高揚」を図るとともに、市主催の行事や市民の公共的社会活動に寄与するため、平成10年10月に42人(条例定数45名)で結成されました。
九州で唯一の消防団音楽隊として、消防の式典や行事、宮崎市主催のイベントなどで年間約20回の演奏活動を行っています。

このページのトップに戻る