宮崎市

ホームくらし・手続き道路手続き道路パトロールボランティアを募集しています

道路パトロールボランティアを募集しています

市では、「道路パトロールボランティア」を募集し、日常生活の中で気付いた道路の破損などの危険箇所について情報提供をしていただくことで、道路管理の安全性の向上を目指しています。

【募集期間】

平成30年3月23日(金)から平成30年4月27日(金)まで

【活動期間】

6月から翌年の3月まで

【活動期間募集対象・定員】

市内に在住する年齢15歳以上の人、及び民間非営利団体(NPO)。100名程度。

【申し込み方法】

4月27日(金)までに、はがきまたはFAXで、住所、氏名、年齢、電話番号を記入して道路維持課へ。

または、以下の申し込みフォームからもお申し込みできます。

【事業実施要綱】

道路パトロールボランティアは、以下に示す実施要綱に基づいて活動を行います。

(趣旨)
第1条
この要綱は、宮崎市の管理する市道等について、安全性の高い道路管理を目指すことを目的として設置する道路パトロールボランティアについて必要な事項を定めるものとする。

(道路パトロールボランティア)
第2条
道路パトロールボランティアは、市内に在住する年齢が15歳以上の者及び道路の保全に関する民間非営利団体(NPO)で、市が募集する道路パトロールボランティアに登録したものとする。

(任務)
第3条
道路パトロールボランティアの任務は、次に揚げるとおりとする。

  1. 道路パトロールボランティアは、通勤・通学・買い物・余暇等の日常生活の範囲で道路に関する危険箇所等を発見したときは、市に通報するものとする。
  2. 道路パトロールボランティアは、電話及びFAX等により発見した危険箇所の場所、状況等を市に通報するものとする。
  3. 道路パトロールボランティアは、市が主催する研修会を受講するものとする。

(対象道路)
第4条
前条の任務の対象となる道路は、市内全域の国・県・市道とし、国・県道については、市が各管理者に連絡するものとする。

(市の対応)
第5条
市は、通報を受けたら直ちに調査し、緊急を要するものについては速やかに対応するものとする。

附則:この要綱は、平成12年4月1日から施行する。

【通報内容】

道路パトロールボランティアは、通勤・通学・買い物・余暇等の日常生活の範囲で、以下のような道路に関する危険箇所等を発見したときに、道路維持課に通報するものとしております。

  1. 路面:道路の陥没、穴ぼこ、路肩崩壊、その他通行に支障となっている箇所
  2. 側溝(蓋)等:側溝、暗渠、溜桝、蓋などの損傷・変形及び蓋が無くまたは隙間が広くて危険な箇所
  3. 防護柵:ガードレール、歩道柵、橋梁防護柵、視線誘導標などで破損、倒壊したりして交通の支障となっている箇所
  4. カーブミラー:支柱が倒れたり、傾いたり、鏡面が破損または方向がずれて反射鏡としての機能を果たさないもの
  5. 道路照明灯:支柱が倒れたり、傾いたり、電灯切れしているもの
  6. 案内標識:支柱が倒れたり、傾いたり、表示板が破損または薄れて見にくいもの
  7. 街路樹:道路に倒れたり、枝が折れたりまたは害虫がついているために通行の支障となっているもの
  8. 放置物件:道路上の放置物件で通行の支障となっているもの

上記の通報内容は、緊急性や危険性がある箇所に限ります。
道路の整備等の要望事項については、別扱いとします。

【通報の流れ】

道路パトロールボランティアは、電話及びFAX等により発見した危険箇所の場所、状況等を市に通報するものとしております。
また、通報の対象となる道路は、市内全域の国・県・市道とし、国・県道については、市が各管理者に連絡するものとしております。

通報の流れ

カテゴリー

このページのトップに戻る