宮崎市

ホーム宮崎市長のページねこのひげ日記「西郷(せご)どん」に胸を膨らませて

「西郷(せご)どん」に胸を膨らませて

 来年の大河ドラマ 「西郷どん」 の放映が待ち遠しいですね。 私は、 西郷隆盛のファンで、 彼が好んで使った「敬天愛人(けいてんあいじん)」(天を敬い人を愛すること)を座右の銘にしているほどです。

 ところで宮崎市には、西郷隆盛の人生のエンディングともいえる西南戦争に関する資料が残っていることをご存じでしょうか。 7カ月半に及んだ西南戦争のさなか、西郷は宮崎市に約2カ月間滞在し 愛犬を連れて一緒にウサギ狩りを行っていたと語り継がれ、市内に石碑も残っています。ちなみに、かすりの着物で愛犬と散歩している当時の様子が、東京上野にある西郷像のモデルになったともいわれています。また、西郷軍逆転の秘策として作り出された薩摩軍の紙幣で、松本清張の処女作としても知られる「西郷札」 の造幣場所が佐土原町であったとか、高岡町の去川地区にも立ち寄ったのではないかといわれています。

 そこで、5月下旬に東京都のNHK放送センターを訪ね、西郷隆盛と宮崎市の関係をドラマ本編やエンディングの紀行コーナーで取り上げてもらえるよう要望しました。 もし、このことが実現すれば、本市の知名度アップや誘客促進に大きな影響を及ぼすことが予想され、私は大いに期待しているところです。

このページのトップに戻る