宮崎市

年頭に思う

 明けましておめでとうございます。2016年は、東九州自動車道の北九州市から宮崎市間の全線開通により、新たな交通ネットワークが確立され、交流人口が飛躍的に拡大した記念の年となりました。また、11月には航空機部品を製造する日機装(株)が、同社で国内最大級の工場を高岡町に立地することが決まりました。若者の都市部への流出が課題となる中、本県待望の製造業の大型立地で、地元就職率の向上や地域経済の活性化につながるものと大いに期待しているところです。

 2017年は、市制100周年を見据えたまちづくりビジョンとなる新たな総合計画を策定し、将来にわたって活力と魅力にあふれ、市民に愛されるまちづくりを目指していくこととしています。また、地方創生では5つの重点プロジェクトを強力に推進していきます。

 中でも、中心市街地でクリエイティブ産業など3千人の雇用創出を目指す「マチナカ3000」に取り組むほか、青島ビーチパークを今年も開設し、「食」をテーマにしたイベントを開催するなど、観光地域づくりやフードシティの推進に努めます。今後も、官民が一体となり、知恵やノウハウを共有しながら、地域経済の持続的な発展を目指していきます。

このページのトップに戻る