現在の位置: トップページ > 生活情報 > 健康福祉 > 老人介護 > 利用者負担の減免について > 特定入所者介護サービス費支給

特定入所者介護(予防)サービス費支給


市民税非課税世帯の要介護者が介護保険3施設に入所(入院)したときやショートステイを利用したとき、食費・居住費(滞在費)の利用者負担は、所得に応じた一定額(負担限度額)となり、負担の軽減が図られます。 

基準費用額(日額)

施設における居住費・食費の平均的な費用額です下記の金額は国の基準額であり、実際の負担額は入所されている施設が設定します。

 

  ○食費:1,380円

  ○居住費

   ・ユニット型個室:1,970円

   ・ユニット型準個室:1,640円

   ・従来型個室:1,640円(1,150円)
    ※( )は特養とショート利用者

   ・多床室:320円

負担限度額(日額)

下記の利用者負担段階に該当する人は、負担の軽減が図られます。

利用者負担段階 居住費又は滞在費 食費
ユニット型
個室
ユニット型
準個室
従来型
個室
多床室
第1段階 生活保護受給者
老齢福祉年金受給者で世帯全員が市民税非課税

820円

490円

490円
(320円)

0円

300円

第2段階 世帯全員が市民税非課税で、かつ、本人の課税年金収入+合計所得金額が80万円以下

820円

490円

490円
(420円)

320円

390円

第3段階 世帯全員が市民税非課税で、かつ、第2段階に非該当

1,310円

1,310円

1,310円
(820円)

320円

650円

( )内の金額は、特別養護老人ホームと短期入所生活介護を利用した場合の負担限度額となります。
平成24年4月1日より第3段階のユニット型個室の居住費又は滞在費が「1,640円」から「1,310円」に引き下げられました。

申請が必要です
*軽減を受けるためには、市へ申請書を提出し、『介護保険負担限度額認定証』の交付を受ける必要があります。認定証の有効期間は、 申請書を受付した月の初日から開始になります。

申請に必要なもの

介護保険負担限度額認定申請書

(申請書の様式はページの下部にあります)

申請方法

宮崎市役所 本庁舎5階 介護保険課または各総合支所へ郵送または持参してください。 


ダウンロード

【お問い合わせ】
福祉部 介護保険課
電話0985-21-1777
FAX0985-31-6337
添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはこちらをご覧ください。


トップページに戻る
このページの先頭に戻る
このホームページについてご意見・お問い合わせ