宮崎市

ホーム産業・事業者建築道路狭あい道路整備事業

狭あい道路整備事業

狭あい道路の図

良好な住環境の整備のために建築基準法に基づく道路後退にご協力を

狭あい道路とは

市内には、幅が4メートルに満たない道路がまだ多くあります。狭い道路では、火事や急病人のとき消防車や救急車が入って行けないなど、安全上からも不安があります。このような狭い道(狭あい道路)は広くして、より使いやすい道路にする必要があります。

後退整備前と後の様子

道路の中心から2メートル後退して建物を建てなければなりません

そのため、建築基準法では、このような狭い道路に面した敷地に建物を建てるときは、道路の中心から2メートル後退して建てるよう義務づけています。また、この後退用地内に、建物、門、塀などをつくることを禁じています。

助成制度を利用して道路後退にご協力ください

市道に面した後退用地を市へ寄付していただいた場合には、寄付部分の分筆登記に要した費用及び後退用地内にあるブロック塀などの工作物の除去に要する費用の一部を助成します。また、後退用地の舗装は市で行います。

道路後退に関する助成金
助成金を受けられる工作物などの例

  1. 擁壁の撤去
  2. 板塀、門、フェンスなどの撤去
  3. ブロック塀等の撤去
  4. その他各種メーター類の移設
  5. 樹木(幹周り30センチかつ高さ3メートル以上)の移植など

 

カテゴリー

このページのトップに戻る