宮崎市

ホーム産業・事業者入札・契約動産・不動産公売宮崎市有財産(旧浦之名保育所跡地)を売却します

宮崎市有財産(旧浦之名保育所跡地)を売却します

下記のとおり、宮崎市有財産(旧浦之名保育所跡地)を一般競争入札により売却します。

 

1 売却物件

物件の詳細

所在地

種別

地目

又は構造

地積

又は延床面積

予定価格

(最低売却価格)

用途地域

宮崎市高岡町

浦之名字田平599番1、605番2

土地

宅地

1290.37平方メートル

1,000,000円

都市計画

区域外

建物1

木造合金メッキ鋼板ぶき平家建

243.84平方メートル

建物2

木造亜鉛メッキ鋼板ぶき平家建

9.72平方メートル

宮崎市高岡町

浦之名字相ケ谷622番3

土地

390平方メートル

 

2 入札参加者の資格

 次の各号に掲げる者は、買受人としての資格を有させないものとする。

(1)地方自治法施行令第167条の4の規定に該当する者及び同条第2項各号のいずれかに該当し、3年を経過していない者。

(2)地方自治法第238条の3第1項に規定する公有財産に関する事務に従事する本市職員。

(3)風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条第1項各号に規定する風俗営業、同条第5項に規定する性風俗関連特殊営業その他これに類する業の用に供しようとする者。

(4)宮崎市暴力団排除条例第2条第3号に規定する暴力団関係者である者、また、暴力団関係者の事務所やこれに類するもの又は暴力団関係者の活動の用に供しようとする者(法人の場合、その役員の者)。

(5)無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律第5条の規定による観察処分を受けた団体及びその関係者である者。

(6)市有財産一般競争入札参加申込書(以下「入札参加申込書」)等を指定した期日までに提出しなかった者。

(7)会社更生法に基づく更正手続開始の申立てをした者にあっては、更正計画の認可がされていない者または、民事再生法に基づく再生手続開始の申立てをした者にあっては再生計画の認可がなされていない者。

(8)公序良俗に反する用に供しようとする者

(9)市税等を滞納している者

3 宮崎市有地売却実施要領の配布及び参加申込受付の日時、場所

(1)日時

  令和2年12月24日(木)から令和3年1月29日(金) 午前9時から午後5時まで

   ※土日祝日等、市役所閉庁時は除きます。

(2)受付場所

   宮崎市役所 本庁舎1階 子ども未来部保育幼稚園課

4 入札の日時等

(1)入札日時:令和3年3月10日(水) 14時00分から 

(2)入札会場:宮崎市役所 本庁舎5階 契約課入札室

(3)入札に持参するもの

   ア 入札書

   イ 入札保証金(現金に限る)

   ウ 印鑑

   エ 委任状(代理入札する場合のみ)(※本案内書添付のものに限る)

   オ 筆記具

   カ 入札参加資格確認通知書

(4)時間に遅れた場合、会場への入室並びに入札への参加はできませんので、時間に余裕を持ってお越しください。

5 入札保証金の納付

(1)入札参加者は、入札当日に入札会場において、入札保証金として入札しようとする金額(入札書に記載する金額)の100分の5以上の額(1,000円未満切上げ)を現金で納付してください。

   ★入札保証金の算定例★

   (入札書に記載する金額)3,000,000円 × 5/100 =(入札保証金)150,000円以上

(2)落札しなかった方の入札保証金は、保証金納付時に発行する「入札保証金一時保管証」と引き換えに返還します。(利息は付しません)

(3)落札者の入札保証金は、売買代金又は契約保証金に充当します。

6 入札の無効

  次のいずれかに該当する入札は、無効とします。

(1)市有財産売却公示書、本要領及び入札要領の条項に違反するもの

(2)入札参加資格がないものが行った入札

(3)入札参加申込書を提出していないもの

(4)入札保証金の納付がない入札

(5)納付した入札保証金が入札金額の100分の5に満たない入札

(6)本市指定の入札書以外のものを使用して行った入札

(7)入札書に入札者の住所、氏名の記入及び押印のないもの

(8)代理人による入札において、入札書に入札者及び代理人の住所、氏名の記入、代理人の押印のないもの

(9)入札書の金額を訂正したもの、入札金額の記載がない又は明確でないもの

(10)予定価格に達しない入札をしたもの

(11)同一の物件に対して1人で2通以上の入札をしたもの

(12)2人以上の者から委任を受けた者が行った入札

(13)連合その他不正行為のあったもの

7 開札・落札者の決定

(1)開札は入札後直ちに行い、予定価格以上で最も高い入札価格をもって落札者とします。

(2)落札となるべき同価格入札者が2人以上いた場合は、直ちにくじによって落札者を決定します。この場合、当該入札者はくじ引きを辞退することはできません。

(3)落札者は、自身の権利(当該土地を買受ける権利)を他者に譲ることはできません。

(4)入札者全員の入札額が予定価格に達しなかった場合は、入札を終了します。

(5)開札結果は、落札者があるときは落札金額及び氏名(会社名)を、落札者がないときはその旨をその場で公表します。

(6)入札終了後、落札者には引き続き契約説明会を行い、必要な書類の配布と説明を行います。

8 契約書作成の要否

(1)契約書の作成を要します。

9 契約条件

売却物件の売買には、次の特約を付します。

(特約)

(1)買主は、この契約締結の日から10 年間、売買物件を風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23 年法律第122 号)第2 条第1 項に規定する風俗営業、同条第5 項に規定する性風俗特殊営業その他これに類する業の用に供してはならない。

(2)買主は、売買物件を宮崎市暴力団排除条例第2 条第3 号に規定する暴力団関係者の事務所やこれに類するもの又は暴力団関係者の活動の用に供してはならない。

(3)買主は、売買物件を公序良俗に反する用に供してはならない。

(4)買主は、第1 号から第3 号までの用に供されることを知りながら、売買物件の所有権を第三者に移転し、又は売買物件を第三者に貸してはならない。

(5)売主は、本契約の履行状況を調査するため、必要に応じて報告を求め、又は実地調査を行うものとする。この場合、買主は報告及び実地調査を拒み、又はこれを妨げてはならない。

(6)買主は、第7条、前条に定める規定に違反したときは、売買代金の100分の30を違約金として売主に支払わなければならない。

10 契約の締結

(1)本市指定の土地売買契約書(案)により、落札者名義で契約を締結します。落札者名義以外では契約しません。

(2)契約締結期限は、落札決定日の翌日から起算して7日(土日、祝日含む)以内です。

(3)期限までに契約を締結しない場合は、落札者としての資格を取り消し、入札保証金は市に帰属します。

11 売買代金の支払方法

  売買代金の支払は、次の2通りの方法から選択できます。

  いずれの場合も振込書(納入通知書)の準備が必要となりますので、市へ支払方法をご連絡ください。

(1)一括払の場合

  契約締結と同時に、売買代金(納入済みの入札保証金との差額)を納付してください。

※売買代金3,000,000円で、入札保証金として150,000円納付していた場合、差額の2,850,000円を一括払い

(2)契約保証金払の場合

  ア 契約締結と同時に、契約保証金(納入済みの入札保証金との差額)を納付してください。

  イ 契約保証金は、売買代金の100分の10以上の額(1,000円未満切上)とし、売買代金に充当します。

  ウ 契約締結日の翌日から起算して60日(土日、祝日も含む)以内に、売買代金と契約保証金との差額を納付してください。

    なお、期限までに売買代金の残金の納付がない場合は、契約保証金は市に帰属します。

      (売買代金)3,000,000円 × 10/100 =(契約保証金)300,000円以上

入札保証金を150,000円納付していた場合は、差額の150,000円以上を契約保証金として納付

12 その他の条件等

 下記のとおり、「宮崎市有地売却実施要領」等の必要書類を掲載していますので、必ず確認をして下さい。

13 必要書類等

 ○01_宮崎市有地売却実施要領(R2年12月)一般競争入札.pdf (PDF 3.9MB)

 ○02_税証明交付請求書(宮崎市有財産売却一般競争入札参加申込専用).pdf (PDF 104KB)

 

このページのトップに戻る