宮崎市

ホーム産業・事業者入札・契約入札案件情報橘通東2丁目公有地の「サウンディング型市場調査(事前可能性調査)」の調査結果概要を公表します

橘通東2丁目公有地の「サウンディング型市場調査(事前可能性調査)」の調査結果概要を公表します

本市では、平成30年3月に策定した「宮崎市まちなか活性化推進計画」の中で、「橘通東2丁目公有地」を「再生検討地区」と位置づけ、民間活力の導入を前提としながら、活性化に向けた利活用策の検討を進めています。
この度、今後の利活用策を検討する際の参考とするため、民間事業者等の皆様との「対話」を通じて、活用方法や事業方式について、自由かつ実現可能な利活用アイデアを広くお聞きする「サウンディング型市場調査(事前可能性調査)」を実施しました。
本年1月22日から2月1日にかけて民間事業者等と個別に対話を行いましたので、その調査結果の概要を公表します。
※「サウンディング型市場調査(事前可能性調査)」とは、民間事業者がもつ経営ノウハウやアイデアを活用した公民連携手法の可能性を調査するものです。

1 調査の対象地

○対象地  橘通東2丁目公有地
○所在地  宮崎市橘通東2丁目103、104、105-1、105-2
              (橘通2丁目宮崎交通1番バス停の北側)
○敷地面積 公簿地籍 1,041.53 平方メートル(実測地籍 1,048.71 平方メートル)

2 調査日時

  平成31年1月22日(火)~2月1日(金)

3 調査(個別対話)の参加者

  建設、不動産業     3団体
  総合設備業           1団体
  その他                 1団体
  計                       5団体

4 調査結果の概要

今回の「サウンディング型市場調査(事前可能性調査)」により、主な施設や事業方式、自転車駐車場等に対するご提案・要望等をいただきました。本市としましては、売却または定期借地方式での、公有地利活用の可能性があることを認識させていただきました。今後、本調査の結果を踏まえ、事業手法や公募条件の整理・検討を進めることといたします。

※詳しくは、別添の「宮崎市サウンディング型市場調査(事前可能性調査)」調査結果概要」をご覧ください。
※「宮崎市サウンディング型市場調査(事前可能性調査)」の詳細は、別添「橘通東2丁目サウンディング型市場調査実施要領」をご覧ください。

カテゴリー

このページのトップに戻る