宮崎市

ホーム産業・事業者入札・契約入札案件情報宮崎市介護老人保健施設さざんか苑に関する「サウンディング型市場調査(事前可能性調査)」の調査結果概要を公表します。

宮崎市介護老人保健施設さざんか苑に関する「サウンディング型市場調査(事前可能性調査)」の調査結果概要を公表します。

 

 本市では令和4年3月31日で廃止となる「宮崎市介護老人保健施設さざんか苑」の民間譲渡について検討を進めています。

 この度、民間事業者等の皆様との「対話」を通じて、施設の利活用方法や事業方式について自由かつ実現可能なアイデアを広くお聞きする「サウンディング型市場調査(事前可能性調査)」を実施しましたので、その調査結果概要を公表します。

 

1.調査対象施設

   施設名称   :宮崎市介護老人保健施設さざんか苑

 所在地      :宮崎市田野町南原1丁目6-2

 敷地面積   :5,738.77平方メートルの一部

 建物の構成:RC造り   2階建て

 

2.調査(個別対話)の参加者

 

【現地説明会参加事業者】                     【個別対話参加事業者】

 建設                  2者                             介護・福祉      1者

 介護・福祉         1者                             合計               1者

 合計                  3者

 

3.調査結果の概要

 

 今回の「サウンディング型市場調査(事前可能性調査)」により、田野地域では短期的には高齢者人口が増加するものの、類似施設が多く新規利用者の獲得が難しい環境であること、老健事業に対する国の政策転換の不明確さ及び生産年齢人口の減少に伴う人件費の高騰が想定されることから、高齢者施設の事業化は難しいとのご意見をいただきました。

 さざんか苑の50床の取扱については、老健事業に対する国の施策の方向性が見えない中で、設備投資を伴う事業規模の拡大は厳しい状況であるものの、本市における老健施設の定員数を維持するためには複数事業者に分散して配分する方法が良いとの提案をいただきました。

 本市としましては、本調査結果を踏まえ、民間譲渡の可能性について改めて検討することといたします。

 

※詳しくは、介護老人保健施設さざんか苑個別対話調査結果概要をご覧ください

※調査の詳細は別添「 宮崎市サウンディング型市場調査(事前可能性調査)実施要領 」をご覧ください。

 

 

カテゴリー

このページのトップに戻る