宮崎市

ホーム産業・事業者企業立地工業リンク優れた立地環境と安心な生活環境

優れた立地環境と安心な生活環境

〇豊かな自然を活かした事業環境

宮崎市は、温暖な気候に加え、降水量も多く水資源の豊富な地域です。豊かな自然がもたらす、きれいで良質な水と空気は、宮崎市内に立地する工場の製造活動を支えています。

宮崎の自然環境ランキング (気象庁観測平年値 1981年~2010年の平均値)

  • 快晴日数:年53日(全国2位)
  • 日照時間:年2,116時間(全国3位)
  • 年平均気温:17.4℃(全国3位)

月別平均気温・降水量(宮崎市)2014年

月別平均気温と降水量の図

〇活断層がなく大きな地震が少ない立地環境

宮崎市には、直下型地震の震源地となる活断層がほとんど確認されておらず、大規模地震の可能性が極めて少ない地域です。

活断層の図

〇豊かな生活環境

これまで宮崎市に進出していただいた企業の皆さまからは「みやざき」の生活環境(住みやすさ)についても高い評価をいただいています。

通勤時間が短い!! ※会社員の通勤時間の短さ…全国1位(2013年)

宮崎県内の通勤時間の平均は、17.7分です。全国で最も長い県が平均48分ですので、半分以下の日本一短い通勤時間です。通勤時間が短いことにより、ゆとりある生活を送ることができます。

いい子どもが育つ都道府県第2位

「いい子どもが育つ都道府県ランキング(※1)で宮崎県は第2位に輝きました。中でも、「地域の大人からほめられたことがある」「学校に行くのが楽しい」などの項目が全国トップで、地域ぐるみで子どもを見守り、育てる環境があるうえに、子どもたちが充実した学校生活を送っているといえます。

※1…文部科学省が行った「平成25年度全国学力・学習状況調査」の分析により、㈱共立総合研究所が実施したもの。

物価が安い!! ※消費者物価地域差指数の低さ…全国1位(2014年)

宮崎市は全国の県庁所在地で消費者物価地域差指数(総合)が最も低い都市です。物価の安さだけでなく、海の幸・山の幸が豊富であり、新鮮でおいしい食材を都市部と比べ安く手に入れることができます。

冬でも暖かい気候!! ※宮崎の年平均気温…全国3位(2012年)

宮崎市は太平洋に面しているため、冬でも暖かく雪が降ることはほとんどありません。温暖な気候がもたらす豊かな自然に囲まれた中で、1年を通して快適に生活することができます。

豊かな自然環境

宮崎市は一年中花であふれ、市街地から比較的近いところに海や川、山、田畑等の自然があります。子どもたちは川や海で遊んだり、学習の一環で田植えをしたり、豊かな自然と触れ合いながらさまざまな体験を通じて、豊かな感受性を育むことができます。

〇充実した子育て支援制度

宮崎市では、子どもを安心して生み育てていくためのさまざまな子育て支援施策を実施しています。

児童クラブ・放課後子ども教室の運営

小学校内等で、児童クラブ(51ヵ所)を開設・運営するほか、放課後や週末に小学校や公民館等を活用して、放課後子ども教室(27ヵ所)を開設するなど、放課後児童の健全育成・居場所づくりに取り組んでいます。特に児童クラブにつきましては、保護者の方に安心して働いていただけるよう、定員の拡充を図っています。

病児・病後児保育の実施

病気の回復期にあるため保育所等で預かってもらえない児童を、看護師や保育士がいる専門施設(6ヵ所)で預かることで、保護者が仕事等の理由により家庭で世話をすることができない場合もサポートします。

子育て応援カードによる特典

小学生以下の子どものいる世帯及び妊娠中の方にこのカードを交付し、事業に協賛する事業所や店舗等においてカードを提示することにより、飲食等の料金割引や子育て支援サービス等の特典を受けることができます。

乳幼児医療費助成

乳幼児の健全な発育の促進を目的とし、子育て世帯への経済的な負担軽減と更なる子育て支援の充実を図るため、小学校就学前までの乳幼児に対し、全国トップクラスの予防接種(任意)費用の補助や、医療費の無料化を実施しています。

保育サービスの充実

乳幼児を持つ就労者が安心して働けるよう公立保育所(6ヵ所)の整備・運営や私立保育所(112ヵ所)運営支援を行っているほか、さまざまな保育需要に対応し子育て支援するため、一時保育、休日保育を行っています。

子育て支援センターの充実

保育園や児童センター等に設けられており、就学前の子どもと保護者が一緒に利用できます(34ヵ所)。プレイルーム(遊び場)の開放や職員による育児相談、親子で楽しめる講座や育児講話等が行われ、子ども同士、保育者同士の交流の場になっています。

 

 

 

カテゴリー

このページのトップに戻る