宮崎市

ホーム産業・事業者民間委託等の推進宮崎市自然休養村センターの「サウンディング型市場調査(事前可能性調査)」の調査結果概要を公表します。

宮崎市自然休養村センターの「サウンディング型市場調査(事前可能性調査)」の調査結果概要を公表します。

 本市では現在、宮崎市加江田の本市保有土地建物(宮崎市自然休養村センター)の効果的な活用を検討しています。

 この度、今後の利活用策を検討する際の参考とするため、民間事業者等の皆様との「対話」を通じて、活用方法や事業方式について、自由かつ実現可能な利活用アイデアを広くお聞きする「サウンディング型市場調査(事前可能性調査)」を実施しました。

 本年8月5日~9月18日にかけて民間事業者等と個別に対話を行いましたので、その調査結果の概要を公表します。

※「サウンディング型市場調査(事前可能性調査)」とは、民間事業者がもつノウハウやアイデアを活用した公民連携手法の可能性を調査するものです。

 

1.調査対象地

宮崎市自然休養村センター

 

2.調査日時

8月5日(水)~9月18日(金)

 

3.調査(個別対話)の参加者

・建設コンサルタント   :2者

・イベント企画運営会社:1者

・設備会社                  :1者

・NPO法人                  :1者

 

4.調査結果の概要

 今回の「サウンディング型市場調査(事前可能性調査)」により、公民連携の可能性、施設の課題、ターゲット層、利用料金、施設活用等に関するご意見をいただきました。

 本市としましては、公民連携の可能性はあるが、今後導入可能性調査について検討が必要であることを認識させていただきました。そのために、既存機能について拡大・縮小の整理やターゲット層の設定が必要であることのご意見をいただきました。

 今後、本調査の結果を踏まえ、市が考えるあり方の方向性を検討していきたいと思います。

 

※詳しくは、別添の「宮崎自然休養村センターサウンディング型市場調査結果概要」をご覧ください。

サウンディング結果の概要(自然休養村センター) (PDF 107KB)

 

このページのトップに戻る