宮崎市

ホーム市政情報選挙選挙のお知らせ令和4年参議院議員選挙について

令和4年参議院議員選挙について

 

投票期日

選挙名:参議院議員通常選挙

投票日:令和4年7月10(日)

時間:午前7時から午後8時まで(一部地域を除く)

※深水、去川、小田元、瀬越、柞木橋、の5集落センターと高岡交流プラザ、和石公民館の投票時間は午前7時から午後6時までです。

※投票日当日は決められた投票所での投票となります。

 

期日前投票所一覧

場         所 期        間 時        間
宮崎市役所本庁舎西側プレハブ 6月23日(木)~ 7月9日(土) 8:30~20:00

佐土原社会福祉センター

※佐土原総合支所の敷地内

7月2日(土)~ 7月9日(土)

9:00~20:00

7月9日(土)のみ9:00~17:00

田野総合支所

高岡地区農村環境改善センター

※高岡総合支所の敷地内

清武総合支所
赤江地域センター

7月2日(土)~ 7月8日(金)

※7月9日(土)は実施しておりません。

9:00~17:00
木花地域センター

青島地域総合センター

住吉地域センター
北地域センター
生目地区交流センター(旧 生目公民館)
宮崎公立大学 交流センター
宮交シティ2F ガリバー広場 7月2日(土)~ 7月9日(土)

10:00~20:00

7月9日(土)のみ10:00~17:00

※期日前投票は市内13カ所どこの投票所でも投票することができます。

 

投票所入場券について

※ご家族分(世帯主を含む)の投票所入場券は、世帯主宛にお送りする圧着されたハガキの中に入っています。

1.ハガキは、圧着式になっていますので、必ず開封して中の投票所入場券を確認してください。

無題.png

2.ご自身の名前が印字された投票所入場券を切り取って投票所へお越しください。

無題.png

3.期日前投票所をご利用される場合は、ご自身の名前が印字された投票所入場券の裏面に、投票日当日に、投票所に行けない理由を1号事由から6号事由までの中で1つお選びいただき、氏名、住所、生年月日をご記入ください。

※ご自身で記入することが難しい方は、投票所で職員が代筆いたします。

 

新型コロナウイルス感染症対策について

 

宮崎市選挙管理委員会では、参議院議員通常選挙に向けて、皆さまに安心して投票いただけるように、新型コロナウイルス感染症対策に努めております。有権者の皆さまにおかれましても、投票所においては感染症対策にご協力ください。

各投票所の対策について

・期日前投票所、当日投票所にはアルコール消毒液を設置します。

・投票管理者、事務従事者はマスクを着用し、定期的に手指消毒を行います。

・投票所の窓や扉は常時開放、又は定期的な換気(1時間毎)を行います。

・投票所床面に一定間隔を確保するための目印を表示いたします。

・投票記載台、鉛筆など不特定多数の方が触れる箇所については、定期的な消毒を行います。

投票所へお越しになる方へ

・来場前後の手洗い、咳エチケット、マスク着用、投票所でのアルコール消毒にご協力ください。

・持参した鉛筆を投票所で使用することができます。

・ご希望の方は、ポリ手袋を配付いたします。

 

過去の選挙における投票所混雑状況(時間別投票者数)

過去の選挙における時間別投票者数を掲載しております。

投票所の込み合う時間は避けてお越しいただきますようお願いいたします。(9時~12時が混み合う傾向があります。)

令和元年7月21日執行 参議院議員通常選挙

参議 当日.png

参議 期日前.png

令和3年10月31日執行 第49回衆議院議員総選挙

R3衆議(当日).png

R3衆議(期日前).png

不在者投票について

(1)滞在地の不在者投票

仕事や旅行などで選挙期間中に他市区町村に滞在し、投票所にて投票できない場合は、郵便を利用して滞在先で投票できる制度です。

この場合、宮崎市役所に住民票の届出を行ってから3ヶ月以上経過していることが必要となります。

滞在地の不在者投票は、書類のやり取りを郵送で行うため、手続きに時間がかかりますので、早めに必要書類を請求してください。

【手続きの方法】

1.投票用紙(及び投票用封筒)請求書兼宣誓書(PDF 53.6KB)を記入のうえ宮崎市選挙管理委員会へ、郵送又は直接、提出してください。

2.投票用紙、必要書類が郵送により封書で交付されます。

3.書類一式(「不在者投票証明書在中」は開封禁止)を滞在先の選挙管理委員会へ持参し、投票ができます。

4.滞在先の選挙管理委員会から、宮崎市選挙管理委員会へ記入済みの投票用紙が郵送され、受理されます。

※投票用紙(及び投票用封筒)請求書兼宣誓書につきましては、マイナンバーカードを利用したオンライン申請が可能となりました。詳しくはこちら

(2)指定施設の不在者投票

宮崎県選挙管理委員会から不在者投票のための指定を受けた病院や老人ホーム等に入院・入所している場合、その施設の中で投票ができる制度です。

投票用紙など必要書類を病院長等を通じて請求することができます。

 

代理投票について

病気やけが、その他の事情によって、投票用紙に文字を記入することが困難な選挙人については、代理投票という制度が利用できます。

投票日当日に投票所で行えるほか、期日前投票所や滞在地の不在者投票、指定施設の不在者投票においても代理投票が行えます。

代理投票の流れ

  1. 代理投票を希望する場合は、投票所で職員に申し出てください。職員2名で対応いたします。
  2. 投票用紙記載台で職員1名が選挙人に代わって投票用紙に記入します。
  3. もう1人の職員は、選挙人が示した候補者が正しく記入されたかを確認します。
  4. 選挙人にて投票箱へ投函いたします。※代理で職員が投票箱へ投函することも可能です。

※選挙人の家族等の付添人が代筆することはできません。

 

障がいのある方・介助が必要な方への対応について

  1. 各投票所では、車いすを設置し、段差がある投票所には簡易スロープを設置しております。
  2. 投票所受付係には、コミュニケ―ションボードを配置しております。

 投票所に来られた方のよくある質問や依頼をイラストにまとめまもので、文字や話し言葉によるコミュニケ―ションが難しい方であっても、指さしで意思表示ができる内容となっております。

 コミュニケーションボード (PDF 3.94MB)

3.投票所受付係に、耳の不自由な方が筆談を申し出るための耳マークを配置しております。

 筆談を申し出るための耳マーク (PDF 177KB)

4.投票所内では、選挙人の同伴者の代わりに職員が選挙人の介助をいたします。

 同伴者は投票所出口付近でお待ちいただくこととなります。

 また、同伴者がいない場合であっても、介助が必要な方については職員へお尋ねいただけますと、受付から投票までの介助をいたします。

5.選挙人のうち、自ら投票用紙に記入できない方につきましては、職員にお申し付けください。

 職員が選挙人の代わりの代筆を行う、代理投票を実施いたします。

6.各投票所には点字器を配置しております。点字投票をご希望される場合は、職員へお申し付けください。

カテゴリー

このページのトップに戻る