宮崎市

ホーム市政情報政策・計画都市整備宮崎市景観計画

宮崎市景観計画

景観法とは

景観法とは、平成16年に制定された、我が国で初めての景観に関する総合的な法律です。

地域住民の意向を踏まえ、その地域が持つ良好な景観を保全・形成し、住みやすいまちづくりを進めていくことを目的としています。

景観法では、良好な景観形成を図るため、行政・事業者・住民等の責務が明確化され、景観計画の策定、景観計画区域内における建築物の建築等に関する規制、景観重要建造物や樹木の指定、都市計画による景観地区の指定などについて定めています。

景観計画とは

景観計画とは、景観法の基本となる仕組みで、景観行政団体が景観行政を進めるための基本的な計画です。対象とする区域(景観計画区域)、景観の形成に関する方針、景観の形成のための行為の制限に関する事項、景観重要建造物・景観重要樹木の指定の方針等を定めます。

※景観行政団体:
景観法に基づいて良好な景観形成のための具体的な施策を実施していく自治体のことを景観行政団体といいます。都道府県、政令指定都市、中核市は、自動的に景観行政団体となり、その他の市町村は都道府県との協議・同意を得て景観行政団体になります。

計画の目的と役割

宮崎市景観計画は、本市における総合的な景観形成を図ることを目的として策定されたものであり、本市の景観施策を実現していくための基本的方向を示すマスタープランとして位置づけます。

また、本計画は、市民・事業者・行政の連携を促す共通の指針として、景観からのまちづくりを推進する役割を果たすものです。

景観計画の内容

(1)景観計画区域

 市域全域を「景観計画区域」とします。このうち景観形成上特に重要な地区については、「重点景観形成地区」に定めています。また、地域住民や事業者などが、自ら積極的に景観形成に取り組もうとする地域については、「景観形成推進地区」に定め、地元と連携しながら景観形成を推進します。
(重点景観形成地区 : 高千穂通り地区、一ッ葉リゾート地区、日南海岸地区、大淀川地区、宮崎駅東通り地区)
(景観形成推進地区 : 四季通り地区)

(2)景観形成の方針

 景観形成のための基本理念と目指すべき景観像となる4つの目標、及び目標を実現するための6つの基本方針を定めています。

(3)景観形成のための行為の制限に関する事項

 市内全域、重点景観形成地区、景観形成推進地区において、「届出の対象となる行為」と「行為の制限」について設定しています。

(4)その他

 景観重要建造物、景観重要樹木の指定の方針等景観法に基づく事項を定めています。また、市民・事業者・行政が、景観形成に取り組むうえでの、今後5~10年間で進めていく施策や事業とその評価を示しています。

※平成24年3月に宮崎市景観計画を変更しました。

変更の詳細はこちら→宮崎駅東通り地区重点景観形成地区の指定について(平成24年4月実施)

 

※平成31年4月に宮崎市景観計画を変更し、太陽光発電設備等に関する届出規定や行為の制限事項を追記しました。

【変更内容】

・太陽光発電設備等に対する届出規定及び行為の制限の追記変更(宮崎市景観計画P76‐P79)

・大淀川地区重点景観形成地区の行為の制限に関する事項の変更(宮崎市景観計画P81)

 

カテゴリー

このページのトップに戻る