宮崎市

ホーム市政情報広報・広聴広聴市長へのホットラインに寄せられたご意見・ご提言

市長へのホットラインに寄せられたご意見・ご提言

件数

39件(令和3年8月31日時点)

 

主なご提言

※いただいた内容を要約して分類毎に記載しています。

(令和3年8月分)
分類 件名 概要
学校等の新型コロナ対策 部活動 コロナが落ち着くまで、部活動の制限、試合開催の制限をしていただきたい。
せめて、試合などの他校との関わりを制限していただきたい。
子どもたちへの感染防止対策

新型コロナが夏休み終了間際に感染状況が悪化している。
小学校・幼稚園ともに8月下旬から始まる予定だが、小児科医など専門的な知識のある先生方の意見も交えながら、学校生活開始について、予定通り始めて大丈夫なのか等、十分考慮し、安心して学校生活が送れるようにしていただきたい。
(同様のご意見複数あり)

宮崎市立小中学校について デルタ株は子どもへの感染力があることが分かっているのに、なぜ休校という判断に至らなかったのか。
クラスで感染者が出た場合、クラス全員が検査対象となり、検査結果が分かるまでの4日間休まなければならず、保護者も同様に休んだ人がほとんどであった。
子どもが感染した場合、子どもだけが休めばいいわけではない。その周りの人がどれだけ被害が及ぶかということを考えていただきたい。
その他 東九州新幹線 他県と一緒に東九州新幹線の配備をお願いしたい。
福岡で就職するものが多く、そのまま地元に帰ってこないものが多く、このままでは宮崎の人口減少に歯止めがかからない。
コロナの影響で国外でなく、国内の産業や観光に目が向けられることが今後多くなるため、新幹線を通し、多くの観光客を集客できる。財政の問題もあるかと思うがよろしくお願いしたい。
宮崎市客引き行為等の禁止に関する条例の制定について 「(仮称)宮崎市客引き行為等の禁止に関する条例」の制定が宮崎市の公表では2021年9月に予定されている。
コロナ禍において近距離で不特定多数の人に声掛けする客引きは怖いものがあり、感染予防の観点からも早期に制定し、強い実施力を望む。

 

 

(令和3年7月)
分類 件名 概要
新型コロナ支援 コロナに関する要望 コロナにより収入が減った場合の支給を検討してほしい。
PCR検査を自費で行う場合と公費で行う場合があるところが疑問である。自費で検査した場合の代金の遡っての支給を検討してほしい。
給付金について コロナによって経済の悪化が家計に影響している。
一人あたり10万円の支給を継続して行うことが必須だと思う。
市民一人ひとりへの継続的な生活支援について コロナにより宮崎県内の自殺率は増加している。
すべての世帯に向けて、生活支援として、継続的な現金給付を実践していただきたい。
エッセンシャルワーカーへの手厚いサポートについて 物流、医療関係、清掃などエッセンシャルワーカーの方々は、コロナで在宅勤務ができる方々と違ってこのコロナ禍という状況下で職場に出勤しなくてはいけないというリスクがある。
これらの方々に危険手当ということで現金給付を早急におこなっていただきたい。
ごみ ごみの集積場について 家の隣にごみ集積所があるが、いつもごみが残り、いつも仕分けして片付けている。
ごみ集積所の環境をよくするために、見張りとしての人員配置やごみ袋への名前の記入、集積所近くの家への手当を出す等の対応をお願いしたい。
その他 選択性夫婦別姓ついて 宮崎市には選択的夫婦別姓を支持していることを明確に意思表示してほしい。
高齢者へのインターネット環境整備について 高齢者世帯へ無料で使えるインターネット回線を整備していただきたい

 

(令和3年6月)
分類 件名 概要
新型コロナワクチン 感染防止とワクチン接種 オリンピック・パラリンピック、国文祭・芸文祭は開催されるのか。県外から来る人の対策をお願いしたい。
ワクチン接種について、希望する人が全員予約できるように市長が先頭に立って準備してもらいたい。
若い世代への早期のワクチン接種 若い人のほうが行動範囲も広く、感染拡大への影響が大きい。
ワクチン接種については、特に若い世代の接種を急いでやってもらいたい。
新型コロナワクチン接種について 若者にも早めの接種を考えてもらいたい。高齢者が完了したら一律の接種開始をお願いしたい。
また、接種スピードをあげていただきたい。
新庁舎 新庁舎の建て替え 市役所は早く建て替えてもらいたい。建物が分散し、利用者にとっても大変不便。職員のものでなく、市民ファーストの建物を望む。
市庁舎の新築移転等について 市庁舎の新築移転については、過大な設備を作ることなく、コンパクトシティーとしてフレキシブルに対応できる建設を望む。また、避難所としての機能も備えていただきたい。
教育 小学校の水泳授業等について 小学校の水泳授業ですが、昨年度に引き続き今年度も中止となっている。水泳の授業に限らず、子どもたちの体験の企画確保の方向に進めていただきたい。
市民といっしょに教育の充実と資金調達 科学技術館の館内の展示物に新鮮さがなく、館全体の雰囲気も寂しい感じがする。
科学技術館のような施設では、クラウドファンディングの手法による資金調達を提案する。
子育て 預かり保育の環境整備について 親も子も安心安全な環境を求めるのであれば、いつも保育していただいている園や先生が見守っていただける環境で預かってもらえる仕組みを希望する。
アリーナ建設 アリーナ建設について 宮崎にアリーナ建設計画があると知り驚いた。お金があるならその他のことに回してほしい。今一度考えなおしてほしい。
情報発信 市長のSNSの活用について 他の首長はSNS(主にTwitter)を活用して自分の言葉を発信している。特にコロナ禍では、市長は市民にお願いすることが増えたり、市民は市長の考えを直に欲しているのではないかと思う。

 

このページのトップに戻る