宮崎市

ホーム市政情報広報・広聴報道資料【20190809】学校敷地内のコンクリートブロック塀の整備状況について

【20190809】学校敷地内のコンクリートブロック塀の整備状況について

1. 学校敷地内のコンクリートブロック塀の整備状況概要

 昨年6月18日に発生した大阪北部を震源とする地震により、本市教育委員会によって、緊急点検を実施し、建築基準法不適合と劣化・損傷が確認された、コンクリートブロック塀の改善工事の進捗状況についてお知らせします。

 

2.これまでの整備状況について

整備状況
 

建築基準法不適合及び劣化・損傷のあった学校数

(重複校あり)

改善整備

完了数

(重複校あり)

改善整備

未了数

プール周囲のコンクリートブロック塀 10校 9校 1校
公道に面したコンクリートブロック塀 16校 16校 0校
民有地等隣地境界線にあるコンクリートブロック塀 15校 7校 8校
41校 32校

9校

 

3. 改善整備工事の進捗状況について

(1)改善整備が完了したコンクリートブロックは、事業費ベースで、全体の約70%になる。

(2)改善整備未了の学校は小学校4校、中学校5校の計9校である。

(3)未整備の学校は、大宮小、江平小、宮崎南小、広瀬小、宮崎東中、宮崎中、宮崎北中、住吉中、赤江中。

(4)未整備の学校については、令和元年度全て完了予定。

 

4.学校敷地外の民間所有のコンクリートブロック塀等について

学校敷地外の民間所有のコンクリートブロック塀等については、都市整備部建築指導課作成の別途資料のとおりです。

 

このページのトップに戻る