宮崎市

ホーム市政情報広報・広聴報道資料【20190813】先端技術(AI・ICTなど)を活用した「ケアマネジメントの最適化」に関する対話型市場調査の参加者を募集します

【20190813】先端技術(AI・ICTなど)を活用した「ケアマネジメントの最適化」に関する対話型市場調査の参加者を募集します

1.概要

宮崎市では、中期的な視点に立って、先端技術(AI・ICTなど)を活用して「3つの課題(人手の確保、ケアマネジメント業務の効率化、自立支援・重度化防止に資するケアマネジメント能力の向上)」を解決し、宮崎市の実情に沿った「ケアマネジメントの最適化(順法性・公平性・透明性・的確性・効率性の確保)」を推進していきたいと考えています。

そこで、先端技術を活用した「3つの課題」の解決策に関し、アイディアや市場性、公民連携の可能性などを民間事業者の方との「直接対話」によって広くお聞きする「対話型市場調査」を実施し、解決策の方向性の参考にします。

 

  ※事業実施前の段階で、事業のアイディアや市場性などを民間事業者との対話を通して把握する調査は、最近ではサウンディング調査と呼ばれ、全国の自治体で公共資産に関する調査が多数実施されている(宮崎市では、過去に市有地等の資産に関して3例の実績あり)。ソフト事業を対象とした調査は、全国的にも実施例がほとんどない。

 

2.調査の内容

(詳細は、別添の実施要領参照。市HPで参加者を募集)

 

 1 目的

   「ケアマネジメントの最適化」を実現するため、先端技術(AI、ICTなど)を活用した「3つの課題」の解決策のアイディアや市場性、公民連携の可能性などに関し、民間事業者と広く意見交換して解決策の方向性の参考にするため。

 

2 対象者

民間事業者(法人または法人のグループ)

 

3 期間

令和元年8月13日(火)~9月13日(金)

    ※参加者の募集期間 令和元年8月13日(火)~9月10日(火)

 

4 方法

宮崎市(介護保険課)が民間事業者と個別に対話を実施

 

5 申し込み先

介護保険課(10kaigo@city.miyazaki.miyazaki.jp)

 

6 対話の内容

先端技術を活用した「3つの課題」の解決策に関するアイディア、市場性、公民連携の可能性

 

7 調査結果の公表

10月(予定)

 

このページのトップに戻る