宮崎市

ホーム市政情報広報・広聴報道資料【20200110】公有財産(土地・建物)を活用したサウンディング調査の実施

【20200110】公有財産(土地・建物)を活用したサウンディング調査の実施

1 実施目的

サウンディング調査とは、事業の検討段階による「対話」を通じ、民間事業者から広く意見・提案を求め、民間事業者のアイデアや市場性の有無について把握する調査のことです。(なお今回の調査は、以下の図の「1事業発案」の段階と位置付けています。)

今後、市として更なる歳入確保の可能性を検討していくにあたり、公有財産(土地・建物)を活用して、例えば、「ネーミングライツ」や「広告事業」、「未利用地の売却・貸付」などについて、民間事業者の皆様との対話を通じて、今後の事業化の可能性を検討することを目的としています。

2 実施スケジュール等

1 対話の期間: 令和2年1月10日(金)~3月13日(金)
※都合の良い日で、30分から1時間程度、市役所で対話。

2 申込方法: 「参加申込書」を、メールで資産経営課に提出。

3 参考資料: HPに、年間利用者数が多い公共施設、広告事業の実績、未利用地の一覧表を添付。

4 調査結果の公表: 令和2年4月予定

 

 

このページのトップに戻る