宮崎市

ホーム市政情報広報・広聴報道資料【20201013】多文化コミュニケーションセミナー開催します(バングラデシュIT技術者活躍支援)

【20201013】多文化コミュニケーションセミナー開催します(バングラデシュIT技術者活躍支援)

   「宮崎-バングラデシュモデル」※を経て、宮崎市内で就労しているバングラデシュIT技術者支援の一環として、特別授業「多文化コミュニケーション」を開催します。
   当授業は、バングラデシュのメンバーの活躍を促進するために、今よりも一歩踏み込み、国籍や宗教のタブーや配慮すべきことなどを知るなど、誤解のないコミュニケーションを取ってより良い関係を構築することを目的としています。
   本事業は宮崎市の委託事業です。

パート1:宮崎-バングラデシュモデルから見る 多文化コミュニケーション
・『日本人』と『バングラデシュ人』の国民性の違い
・宮崎-バングラデシュモデルの事例から考える多文化コミュニケーションの重要性
パート2:多文化コミュニケーションを効率化する日本語
・様々なケースでの多文化コミュニケーション実践

□実施日時

  令和2年10月16日(金)15時00分~16時30分

□会場

  新型コロナ対策の為、オンライン Zoom(事前申込必要)
  ※講師は株式会社ビーアンドエムからオンライン出演
    (宮崎市橘通西3丁目10番36号   ニシムラビル6階)

□参加対象者

 ・市内企業で雇用されたバングラデシュIT技術者と受入企業
 ・宮崎-バングラデシュモデルで来宮予定だったバングラデシュIT技術者(新型コロナの影響で、バングラ国内待機中)
 ・市外のバングラデシュIT技術者と受入企業や興味のある方

※「宮崎-バングラデシュモデル」の概要
宮崎大学・JICA・宮崎市で連携して実施するプロジェクト。
バングラデシュの優秀な高度IT技術者を本市へ呼び込むため、日本語学習を現地と宮崎大学で各3か月間受けながら、宮崎大学   留学中に市内企業へのインターンシップも実施するスキーム。

このページのトップに戻る