メニュー閉じる

ワクチンについて(副反応を含む)

 接種の効果と副反応のリスクの両方をご理解いただいた上で、接種を受けるかどうかお考えください。
 基礎疾患のある方や病気を治療中の方、体調に不安がある方は、接種についてかかりつけ医等にご相談ください。

新型コロナワクチンについて

新型コロナワクチンの有効性・安全性について

 新型コロナワクチンの有効性・安全性に関する情報や、海外の情報などが掲載されています。

 

情報提供資材

新型コロナワクチン接種後の副反応への対応方法(厚生労働省)

 厚生労働省が作成した、接種後に起こりやすい症状の経過や頻度、対応方法をご紹介する動画、チラシです。

新型コロナワクチンについて皆さまに知ってほしいこと

 首相官邸・厚生労働省より、リーフレット「新型コロナワクチンについて皆さまに知ってほしいこと」が示されました。コロナワクチンに関する情報が、正確にわかりやすくまとめられています。

○新型コロナワクチンについて皆さまに知ってほしいこと.jpg

ワクチン接種のウワサ話 ウソ ホント!?

 ワクチン接種について正しくご理解いただけるよう、接種の効果、副反応、噂などについて、やさしい言葉で解説したチラシ・ポスターです。
○チラシ-修正11(最終)2up.jpg

※上記PDFデータを印刷し、配布・掲示等、啓発にご活用ください。なお、データの一部分または全体を加工・転用する事はできませんのでご遠慮ください。

 

妊産婦の方へ

 

新型コロナワクチンを接種される方とそのご家族へ

 

ワクチン接種を受けられない方や注意が必要な方

 

副反応について

新型コロナワクチンの副反応疑い報告について

 今までに報告された新型コロナワクチンの副反応疑い報告についての情報が掲載されています。

 

接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

 一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。
 救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
 新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。
 なお、現在の救済制度の内容については、厚生労働省ホームページ(外部サイト)をご参照ください。

 

宮崎県コロナワクチン副反応相談センター

 ワクチンの安全性・有効性や接種後の副反応など、医学的知⾒が必要となる専⾨的な相談窓⼝

  • 電話番号:0985-26-4609(知ろうワクチン)
  • FAX:0985-26-1000
  • E-mail:fukuhannocall-miyazaki@pref.miyazaki.lg.jp
  • 受付時間:24時間(年中無休)
  • FAX及びメールでの相談は24時間受け付けますが、回答は翌日以降になることがあります。
  • 接種券に関することや、予約方法、接種日時、接種会場などについての相談は控えてください。 

宮崎市新型コロナワクチンコールセンター
電話番号:0985-78-0567(ワクチンコロナ)
FAX:0985-68-1008
受付時間:8:30~19:00(年中無休)

宮崎市