シンポジウム「みやざき アート つながる」開催

第35回国民文化祭、第20回全国障害者芸術・文化祭 宮崎市PR事業

シンポジウムイメージ.jpg

「みやざき アート つながる」~ひとり一人の可能性を生かし、表現を発信する場をひらく~

 2020年、宮崎において国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭が同時開催されるにあたり、障がいの有無に関わらず誰もが文化や芸術をとおして、自由に表現する喜びが実感でき、多様な表現を認め合える環境づくり。そして様々な場面において生まれる表現や人材を「守り」「発信し」「つなげる」仕組みなどについて、各現場で活躍されるパネリストと共に、これからの「みやざきのアート」について考えるシンポジウムを開催いたします。

■オープニング■
 トーンチャイム演奏(社会福祉法人げんきの施設仲間の家・こすもす)

■プログラム1 基調講演■
 田端 一恵(ボーダレス・アートミュージアムNO-MA/滋賀)

■プログラム2 シンポジウム■
 ファシリテーター 幸 秀樹(宮崎大学大学院教育学研究科長)
 パネリスト          青井 美保(高鍋町美術館学芸員)、湯浅 義明(宮崎県立都城さくら聴覚支援学校教諭)、田端 一恵(基調講演者)

●開催日程    令和元年11月16日(土) 14:30~17:00

●入  場 料    無料  

●会      場    みやざきアートセンター アートスペース1(宮崎市橘通西3丁目3-27) 

●主      催    宮崎県、宮崎県教育委員会、第35回国民文化祭宮崎県実行委員会、第20回全国障害者芸術・文化祭実行委員会、宮崎市、宮崎市教育委員会、第35回国民文化祭、第20回全国障害者芸術・文化祭宮崎市実行委員会

シンポジウムチラシ.pdf (PDF 561KB)

カテゴリー