景観重要公共施設

日常的に様々な人々が利用し、多くの人の目に触れる道路や河川等の公共施設は、建築物や広告物等とともに、景観を構成する重要な要素の一つです。

景観法では、周辺景観と調和した公共施設の整備を行うため、景観形成に重要な公共施設を「景観重要公共施設」とし、景観計画に公共施設整備の景観形成のルールにあたる「整備に関する事項」を定めることができます。

河川
道路

本市では、下記施設を景観重要公共施設に指定しており、整備に関する事項を定めています。また、景観重要公共施設のうち、景観形成上特に重要な区間を「重点区間」として、重点的に景観形成を図ることとしています。

景観重要公共施設において、工事等の行為を行う場合は、事前に宮崎市との協議が必要です(事前協議制度)。当協議制度は、景観重要公共施設の管理者と、景観行政団体である本市との間で、公共施設のより良い景観を創出する手法として設けています。当協議制度については、こちら(各種届出)をご参照下さい。

景観重要公共施設

河川

  1. 一級河川
  2. 二級河川

【重点区間】

  • 一級河川大淀川で、大淀川地区重点景観形成地区における区間

道路

  1. 高速自動車国道
  2. 一般国道
  3. 県道
  4. 都市計画道路に指定された市道
  5. 市道橘東3の1号線(四季通り)

【重点区間】

  • 国道220号で、日南海岸地区重点景観形成地区における区間
  • 県道宮崎停車場線で、高千穂通り地区重点景観形成地区における区間
  • 県道宮崎インター佐土原線で、一ツ葉リゾート地区重点景観形成地区における区間
  • 市道北権現通線で、一ツ葉リゾート地区重点景観形成地区における区間
  • 市道川原通線で、大淀川地区重点景観形成地区の橘公園通りゾーンにおける区間
  • 大淀川に架かる橋梁と当該橋梁を含む路線で、大淀川地区重点景観形成地区における区間
  • 市道宮崎駅東通線の全区間
  • 市道橘東3の1号線の全区間

整備に関する事項

整備に関する事項等につきましては、こちら(景観重要公共施設の整備に関する協議の手引き) (PDF 353KB)をご参照下さい。