【東京オリパラ】パラトライアスロン事前合宿

 2021年8月に、世界屈指のトライアスロン強豪国であるイギリス代表と、自国開催の日本代表(男子)が東京2020パラリンピックに向けた事前合宿を本市で行いました。→ 事前合宿スケジュール

 

 東京2020パラリンピック   トライアスロン競技は、スイム(水泳)750m、バイク(自転車ロードレース)20キロメートル、ラン(長距離走)5キロメートルの3種類を1人のアスリートが連続して行い合計タイムを競う競技です。
 障がいの種類やレベルにより、車いすを使用する選手のクラス「PTWC」、腕や足に障がいのある選手のクラス「PTS2~5」、視覚に障がいのある選手のクラス「PTVI」の3つのクラスに分かれます。
 8月28日、29日に行われた競技では、オリンピックに引き続きイギリス代表が金メダルをはじめ複数のメダルを獲得するとともに、日本勢も宇田選手、米岡選手が日本史上初のメダルを獲得するなど、宮崎合宿の成果を十分に発揮され、見事な成績を収めました。

 

-宮崎合宿参加者の主な成績-
<男子PTVI(視覚)>
■銅メダル   米岡   聡選手(日本)
<男子PTS4(運動機能)>
■銀メダル   宇田   秀生選手(日本)
<男子PTS5(運動機能)>
■銀メダル   ジョージ・ピーズグッド選手(イギリス)
<女子PTS5(運動機能)>
■金メダル   ローレン・ステッドマン選手(イギリス)
■銅メダル   クレア・カシュモア選手(イギリス)

 

W1920Q75_スイム2.JPG
W1920Q75_スイム1.JPG
W1920Q75_バイク2.JPG
W1920Q75_バイク1.JPG
W1920Q75_ラン1.JPG
W1920Q75_ラン2.JPG
W1478Q75_日本1.JPG
W1478Q75_日本2.JPG

 

カテゴリー