宮崎市

公民館

 

公民館の利用について

宮崎市内の公立公民館(類似施設を含む)は、地域の団体や自主グループの皆さんにご利用いただいております。
公民館の利用方法等についてのお問い合わせ・お申し込みは、ご利用になりたい公民館へ直接お尋ねください。
なお、利用目的、利用団体によっては貸出をお断りさせていただくことがありますのでご了承ください。(企業等の継続的な営利活動など)

公民館使用基準が令和4年4月分から変更になります

 公民館等が生涯学習と地域拠点となるよう、住民主体の学びを促進し、その成果を地域活動につなげていくため、令和4年4月ご利用分から下記のとおり、使用基準を見直します。

1.登録団体(自主グループ、自主教室等)の登録要件を緩和します

 団体の登録要件として最低登録人数や地区内住民の割合の要件を設けています。その要件について下記のとおり緩和します。

 【最低登録人数】

  ・会議室等(変更前)10人以上→(変更後)利用人数5人以上

  ・大集会室(変更前)15人以上→(変更後)利用人数10人以上

 【地区住民割合】

  ・地区内登録団体(変更前)50%以上→(変更後)25%以上

  ・地区外登録団体(新設)25%未満※地域貢献活動等の一定の要件を満たすことで利用可能

2.地域外の団体の申請受付期間を緩和します

 主に地域外の住民で構成する団体については、いままで利用の申請をできるのが、利用日の1週間前でしたが、1か月前から申請できるようになります。

3.最低登録人数を満たさない場合も、利用できるようになります

 従来は公民館利用は団体利用を原則とし、家族等の少人数の利用は認めていませんでしたが、1週間前以降の申請であれば、使用できるようになります。

4.登録団体や公共性の高い団体に限り、地域のまちづくりに資する収益活動が継続的にできるようになります

 交流センターや農村環境改善センター等においては、登録団体や公共性の高い団体に限り、下記の例にあげるような地域まちづくりに資する活動であれば、利用料を徴収して事業を行うことができるようになります。

(例)高齢者等ふれあいサロン、地域団体等の交流カフェ、地域食堂、寺子屋、高齢者向けの配食サービス

公民館等施設一覧

 ↓各公民館等に関する詳しい情報は、公民館名をクリックしてください。

 

公立公民館等
中央公民館 宮崎西地区交流センター 赤江公民館 生目地区交流センター 檍公民館
木花公民館 住吉公民館 大淀公民館 青島地区交流センター 大宮公民館
本郷公民館 大塚公民館 生目南公民館 西部地区農村環境改善センター 東大宮地区コミュニティセンター
宮崎東地区交流センター 宮崎地区交流センター 赤江東地区交流センター 生目台地区交流センター 久峰中校区活動センター
佐土原地区交流センター 広瀬地区交流センター 那珂地区公民館 田野公民館 田野南地区公民館
田野北地区公民館 田野西地区公民館 田野東地区農村環境改善センター 田野地区農村環境改善センター 高岡地区農村環境改善センター
清武地区交流センター 加納地区交流センター      

公民館講座について

 公民館では、年度を前期と後期に分けて、主催講座を開催しています。講座の内容、応募方法については、公民館講座案内パンフレットをご覧ください。なお、パンフレットは自治会経由で自治会加入世帯へ配布しております。また、以下の施設でも配布しております。

公民館講座案内
配布場所 各公民館等施設、市役所玄関案内、総合支所、地域センター、地域事務所など
配布時期

前期…2月下旬から配布(おおむね5月から開講)
後期…7月下旬から配布(おおむね10月から開講)

【詳しい公民館講座案内についてはこちら】

自主グループについて

 自主グループは、地域内でその団体の会員の受益を目的に社会活動を行い、一定の要件を満たした団体です。各公民館ごとに登録し、優先的に各居室の予約ができます。

 自主グループに登録している団体のうち、一緒に活動してくれる人を募集している団体をご紹介します。

 自主グループについて詳しく知りたい方は、お住まいの地域の公民館、または、興味のある自主グループの登録公民館へ、直接、お問い合わせください。

   また、新たに自主グループを設立して活動したい場合は、団体登録が必要です。その際、人数構成等の要件がありますので、お住まいの地域の公民館へお問い合わせください。

 【関連書類】自主グループ一覧(令和5年度) (PDF 463KB)

カテゴリー

このページのトップに戻る