宮崎市

ホーム健康・福祉高齢福祉事業者向け手続き有料老人ホームにおける事故等発生時の報告様式について

有料老人ホームにおける事故等発生時の報告様式について

※令和3年5月1日より有料老人ホーム事故等報告書の様式が新様式に変更になりました。

※令和3年5月1日以降に発生した事故については新様式でのご提出をお願いします。


 

 有料老人ホームで事故が発生した場合は、宮崎市有料老人ホーム設置運営指導指針で宮崎市に報告するよう定められています。

   国からの通知(令和3年3月19日付:vol.943)を受け、令和3年5月1日から介護保険事故報告書及び有料老人ホーム事故報告書の様式を新様式に変更いたしました。

 つきましては、令和3年5月1日以降に発生した事故については新様式での報告をお願いします。

 

【報告が必要な事故】

1.利用者の死亡・意識不明・窒息

2.負傷等(医療機関受診が必要なもの。念のため受診したが異常なしの場合も含む。)

3.誤薬(服薬を間違える等の事故で、結果的に異常なしの場合も含む。)

4.離設(施設敷地外への無断外出)

5.利用者家族等からの苦情につながると思われるもの

6.その他、報告が必要と判断されるもの(施設長や第三者委員会等の判断による。)

 

【報告先】

 提出は可能な限りメールで行ってください。(FAXや郵送でも構いません。)

 


【提出先】

 〒880-8505 

 宮崎市橘通西一丁目1番1号

 宮崎市 福祉部 福祉総務課 指導監査室(本庁舎4階)

 TEL:0985-21-1778

   FAX:0985-23-5088

 E-mail:10fukusi@city.miyazaki.miyazaki.jp


 

事故発生時の報告の取扱い及び報告書の様式については、下記のファイルのとおりですので、各自ご確認の上、事業所内での周知徹底をお願いします。

このページのトップに戻る