宮崎市

ホーム健康・福祉食品衛生二枚貝等の食品を介したA型肝炎ウイルスによる食中毒予防について

二枚貝等の食品を介したA型肝炎ウイルスによる食中毒予防について

二枚貝等の食品を介したA型肝炎ウイルスによる食中毒予防について

 2017年末から宮崎市保健所に16名のA型肝炎の患者の発生届出が提出されています。A型肝炎は、A型肝炎ウイルスが、口から体内に進入し感染・発症するものです。アサリ等の二枚貝がA型肝炎ウイルスを含んでいる場合、このアサリを食べることでも発生しますので、食品の取り扱いには細心の注意を払うようにしてください。

 

二枚貝等の食品を介したA型肝炎ウイルスによる食中毒とは

1  特徴

・A型肝炎ウィルスに汚染されている食品を「生」や「加熱不足」で食べることによって起こる

・冷凍されている食品・食材を加熱する場合は、特に注意が必要

・汚染の恐れのある食品・食材等・・・アサリ、大アサリ(ウチムラサキ貝)、牡蠣、ムール貝、ラズベリー、ブルーベリー、イチゴ、レタス、ねぎ等

 

2  症状等

・平均4週間(2~7週間)の潜伏期間を経た後、ほとんどの症例で38℃以上の発熱によって急激に発病

・症状は、全身倦怠、食欲不振、悪心嘔吐、黄疸、肝腫大など

・小児では不顕性感染や軽症ですむことがほとんどだが、成人では症状も肝障害の程度も重い傾向にある

・特別な治療法はなく、原則として、急性期には入院し、安静臥床の処置と症状に応じた対処療法が適用

・予後は一般的に良く、1~2か月後に回復するが、高齢者では重症化することが多く、注意が必要

 

3  予防方法

・症状がある調理従事者は調理に従事しない

・トイレの後、調理の前、食事の前には、石けんで手を十分に洗う

・加熱が必要な食材は、中心部まで十分に加熱する

 

4  関連リンク

A型肝炎とは (国立感染症研究所)

A型肝炎 (Hepatitis A) (内閣府食品安全委員会)

A型肝炎ウイルスによる食中毒の予防について (厚生労働省)

このページのトップに戻る