宮崎市

ホーム健康・福祉食品衛生【食中毒予防】ふぐによる食中毒

【食中毒予防】ふぐによる食中毒

ふぐによる食中毒の予防について

 例年、自分で釣ったふぐを調理(自家調理)して喫食することによる重症事例や死亡事例が発生しており、令和元年においても死亡事例が報告されました(別紙参照)。ふぐの自家調理は非常に危険であり、最悪の場合、死亡するおそれがあることから、自家調理したふぐは喫食することのないようお願いします。

 釣ったふぐの処理は、ふぐを取り扱う資格を持つ専門の方に依頼するか、依頼できない場合は食べないでください。人にも譲らないでください。

 

【別紙】令和元年におけるふぐ毒による食中毒事例(令和元年12月10日現在)pdf

釣りをされる皆様へ(厚生労働省)pdf

 

ふぐ毒について

ふぐの毒は、塩もみ、水にさらす、加熱などの調理では無(弱)毒化されることはありません。

 

ふぐの有毒部位を食べると

食後20分から3時間程度の短時間で、しびれや麻痺症状が現れます。

麻痺症状は口唇から四肢、全身に広がり、重症の場合には呼吸困難で死亡することがあります。

 

関連リンク

・厚生労働省HP「安全なフグを提供しましょう」

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000094363.html

・厚生労働省HP「自然毒のリスクプロファイル:魚類:フグ毒」

https://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/poison/animal_01.html

 

このページのトップに戻る