宮崎市

ホーム健康・福祉食品衛生【食中毒予防】E型肝炎ウイルス感染事例

【食中毒予防】E型肝炎ウイルス感染事例

厚生労働省より北海道で発生したE型肝炎について情報提供がありました。
原因として飲食店で豚レバー等の豚由来の食品を十分に加熱しないで喫食した可能性が考えられています。
また、野生動物(シカ等)の肉の生食が原因で発症した事例も報告されています。
野生動物はE型肝炎ウイルス以外に、人畜共通感染症や食中毒の原因となる病原微生物、寄生虫類等を保有している可能性もあります。
豚レバー等の豚肉由来の食品や野生動物の肉は十分に加熱調理して食べましょう。

厚生労働省ホームページのQ&A(外部リンク)

カテゴリー

このページのトップに戻る