宮崎市

ホーム健康・福祉食品衛生【食中毒予防】ノロウイルスによる食中毒

【食中毒予防】ノロウイルスによる食中毒

冬になると、食中毒への警戒がうすれますが、油断は大敵です。
秋から冬にかけて注意が必要なのが、ノロウイルスによる食中毒です。
(注)ノロウイルスは、以前は小型球形ウイルス(SRSV)という名称でしたが、食品衛生法の改正に伴って名称がノロウイルスに変わりました。

このウイルスによる食中毒の原因食品としては、カキを含む二枚貝が多く報告されています。
また最近では、ノロウイルスに感染した調理従事者を介した「人から人へ」の二次感染を疑う事例も報告されています。

症状

吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、軽度の発熱(風邪に似た症状)
通常、2~3日で軽快  予後は良好
潜伏期間:24~48時間

感染経路

ウイルスを含んだ食品や水からの感染
(注)特にカキ等の二枚貝が海水中のノロウイルスを取り込み、蓄積していきます。
ノロウイルス感染者やノロウイルスに汚染された調理器具を介しての感染

予防のポイント

  • カキ等の二枚貝は、なるべく加熱して食べましょう。
    十分加熱することにより、ノロウイルスは死滅します。
  • 二次汚染防止の為に、用便後や調理前にはよく手を洗いましょう。
  • 貝類や魚類のドリップが他の食品を汚染しないように十分注意しましょう。

カテゴリー

このページのトップに戻る