宮崎市

ホーム健康・福祉健康・保健衛生がん検診・健康診査予約なしでがん検診が受けられます!(フリー検診のお知らせ)

予約なしでがん検診が受けられます!(フリー検診のお知らせ)

令和5年度フリー検診のご案内

集団検診の一部健(検)診につきましては、事前予約のいらない『フリー検診』を実施しています。

5月末に送付される「令和5年度宮崎市健康診査受診券」を確認していただき、「今年度あなたが受けられる健(検)診一覧」のうち「○」がついている検診が受けられます。

事前連絡は不要です。

 

【検診を受けるには】

1.下記のスケジュールを見て、受けたい日を決める。

2.必要なものを持って、受付時間内に会場に行く。

3.受付をして、検診を受診。

4.3週間~4週間後に結果が届く。

 

【対象となる人】

年齢によって異なります。

詳しくは、健康診査のご案内 を参照してください。

 

【実施スケジュール】

 

会場

日程

午前

(8:30~10:30受付)

午後

(13:00~15:00受付)

市総合福祉保健センター(花山手)

※市民文化ホール横

7月 3日(月)

結核・肺がん検診のみ実施

結核・肺がん検診

胃がんリスク検診

前立腺がん検診

骨粗しょう症検診

10月 4日(水)

2月 5日(月)

 

 

【必要なもの】

・令和5年度宮崎市健康診査受診券(5月下旬に送付予定)

・健康保険証(加入している保険の確認に必要です)

・自己負担金

 結核・肺がん検診 …無料

 骨粗しょう症検診 …500円(70歳は無料)

 胃がんリスク検査 …500円

 前立腺がん検診 …500円

 

 

【参考情報】がん検診のメリットとデメリット

○メリット

がん検診の最大のメリットは,がんの早期発見・早期治療による救命です。症状が出てから受診した場合,がん検診と比べ,がんが進行していることが多くあります。一方,がん検診は症状のない健康な人を対象にしていることから,早いうちにがんを発見できます。 また、がん検診を受けて「異常なし」と判定されれば、安心を得ることができることもメリットのひとつです。

○デメリット

がん検診には,必ずデメリットがあります。主なデメリットとして,がんが100%見つかるわけではないことや,不要な検査や治療を招くことがあることなどがあげられます。また、検査によって身体に負担がかかってしまうことがあります。例えば、胃がん検診で使うバリウムは便秘になることがありますし、内視鏡では、出血や穿孔(せんこう)といって胃や腸に穴を開けてしまうこともあります。 

受診を希望される方は、以上のようなメリットとデメリットを理解し、医師等に相談の上、受診して下さい。

 

 

カテゴリー

このページのトップに戻る