宮崎市

ホーム健康・福祉健康・保健衛生感染症の予防新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルスに関連した肺炎とは

  •  中華人民共和国湖北省武漢市において、令和元年12月以降、新型コロナウイルス関連肺炎の発生が報告され、日本を含め、中国を中心に世界各国からも発生が報告されています。

市民の皆さまへ 

  • 武漢市を含む湖北省や浙江省から帰国して2週間以内に、発熱や呼吸器症状がある場合には、マスクを着用するなどの咳エチケットを実施の上、速やかにお住まいの地域の保健所に連絡し、保健所の指示に従って医療機関を受診してください。また、湖北省や浙江省に滞在していた方と接触された方で、発熱や呼吸器症状がある場合も同様にしてください。
  • 新型コロナウイルス感染症の現状からは、中国国内ではヒトからヒトへの感染は認められるものの、ヒトからヒトへの感染の程度は明らかではありません。
  • 過剰に心配することなく、風邪やインフルエンザと同様に、まずは咳エチケットや手洗い等の感染症対策を行うことが重要です。

リンク​​​​

医療機関の皆さまへ

下記に当てはまる方が受診された場合は、院内での感染対策を徹底していただくとともに、最寄りの保健所(宮崎市保健所)にご連絡くださいますようお願いいたします。

【1】37.5度以上の発熱かつ呼吸器症状があり、 

  ・発症2週間以内に中国湖北省や浙江省に渡航又は居住していた方

  ・新型コロナウイルス感染症患者又は感染の疑いがある方と濃厚な接触があった方

【2】その他新型コロナウイルス感染症を疑う場合

  風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方かつ、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

  ※高齢者や糖尿病、心不全、ぜん息などの疾患のある方や透析を受けている方などは重症化する傾向にあります。

詳しくは、国立感染症研究所 コロナウイルスに関する解説及び中国湖北省武漢市等で報告されている新型コロナウイルス関連肺炎に関する情報(外部サイトへリンク)をご覧ください。

リンク

 

 咳エチケットとは

  • インフルエンザをはじめとして、咳やくしゃみの飛沫により感染する感染症は数多くあります。「咳エチケット」は、これらの感染症を他人に感染させないために、個人が咳・くしゃみをする際に、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえることです。特に電車や職場、学校など人が集まるところで実践することが重要です。

 咳エチケット.png

 正しい手洗い

  • ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗います。

手洗い.png

※手洗いポスター(正しい手の洗い方)→厚生労働省 啓発ツール

 

厚生労働省  電話相談窓口

  • 電話番号  0120-565653(フリーダイヤル)
  • 受付時間  9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

帰国者・接触者相談センター 

発熱(37.5度以上)かつ呼吸器症状があり、発症から2週間以内に以下の【1】、【2】のいずれかを満たす人は、まずは帰国者・接触者相談センターにご連絡ください。

【1】 武漢市を含む湖北省や浙江省への渡航歴がある。

【2】「武漢市を含む湖北省や浙江省への渡航歴があり、発熱かつ呼吸器症状を有する人」との接触歴がある。

【3】 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

  • 宮崎市保健所 (0985)29-5286
  • 受付時間       平日午前8時30分から午後5時15分まで

※上記時間以外については、下記の電話番号にて相談を受け付けています。

  • 専用電話回線(0985)44-2603(土日祝日を含む)

 

新型コロナウイルス感染症対策チラシ 2020.2.21版 (改)[1]_1.jpg

新型コロナウイルス感染症対策チラシ 2020.2.21版 (改)[1]_2.jpg

 

 

カテゴリー

このページのトップに戻る