宮崎市

ホーム健康・福祉国民健康保険後期高齢者医療制度交通事故(第三者行為の場合)

交通事故(第三者行為の場合)

交通事故(第三者行為の場合)

交通事故など、「第三者行為(相手の過失)」に よってけがをした場合は、原則として加害者が全額負担すべきものですが、届け出により医療保険で治療を受けることができます。この場合、後期高齢者医療の 保険者である広域連合があなたの医療費を一時立て替え、あとで加害者に費用を請求することになります。

※交通事故にあった時は、必ず警察へ届け出をしてください。

申請時に必要なもの

1  第三者行為による傷病届(国保年金課にあります)

2  事故証明書(人身事故)

3  後期高齢者医療被保険者証(原本、コピー不可)

4  印鑑(被保険者本人のもの)

示談の前に必ずご連絡を

届け出をする前に示談を結んでしまうと、その取り決めが優先して加害者に請求できない場合があります。必ず示談を結ぶ前に届け出てください。その他、以下の場合に医療保険を使うことができない場合があります。

●  加害者からすでに治療費を受け取っているとき

●  業務上のけがで労災保険の対象となったとき

●  飲酒運転・無免許運転などでけがをしたとき

申請窓口

宮崎市役所国保年金課または各総合支所地域市民福祉課

 

カテゴリー

このページのトップに戻る