宮崎市

ホーム健康・福祉国民健康保険後期高齢者医療制度後期高齢者医療制度の個人番号(マイナンバー)利用について

後期高齢者医療制度の個人番号(マイナンバー)利用について

 後期高齢者医療制度の各種手続きで個人番号(マイナンバー)記入が必要になります。

 平成28年1月から、個人番号(マイナンバー)制度が導入されることに伴い、個人番号記入欄のある申請書・届出書等には、個人番号を記入していただくことになりました。

 個人番号を記入していただく際には、成りすましを防止するため、厳格な本人確認措置が義務づけられています。このため、身元確認書類とあわせて個人番号確認のための通知カード(もしくは、個人番号が記載された住民票)を提示していただく必要があります。

個人番号を記入する必要のあるお手続きの際には、お手数ですが、個人番号カードあるいは、通知カード(もしくは、個人番号が記載された住民票)+身元確認書類(※)を持参していただきますよう、ご協力よろしくお願いいたします。

なお、個人番号カードを所持されている方につきましては、個人番号カードのみで個人番号と身元の確認が可能です。

ただし、代理人が手続きする場合は、加えて、代理人自身の身元確認書類を提示していただきます。

 

(※)身元確認書類一覧として認められるもの

A)1点のみで確認できるもの

(氏名・生年月日または氏名・住所の記載がある公的機関が発行した顔写真付きの証明書)

運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)、旅券(パスポート)、身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書  等

B)2点で確認できるもの

(氏名・生年月日または氏名・住所の記載がある公的機関が発行した証明書)

後期高齢者医療被保険者証、介護保険被保険者証、各種年金証書、各種年金手帳、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書  等

 

 

以下の本人確認書類の例を参照の上、申請窓口でご提示ください。

(例1) 個人番号カード

(例2) 通知カード+運転免許証

(例3) 通知カード+【後期高齢者医療被保険者証+介護保険被保険者証】

 

カテゴリー

このページのトップに戻る