宮崎市

ホーム健康・福祉国民健康保険給付ジェネリック医薬品をご存知ですか?

ジェネリック医薬品をご存知ですか?

ジェネリック医薬品とは?

 医療機関で処方される薬には、新薬(先発医薬品)とジェネリック医薬品(後発医薬品)があります。新薬は、多くの費用や時間をかけて開発され、効き目や安全性が実証されて初めて医薬品として認められます。この新薬には、製造や販売の特許期間が設けられており、この特許期間が切れた後に新薬と同じ成分でつくられる薬を「ジェネリック医薬品」といいます。詳細につきましては下記リンクをご参照ください。

厚生労働省『ジェネリック医薬品への疑問に答えます』http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000026nso.html

 

効き目・安全性・価格等について

 

効き目・安全性

 ジェネリック医薬品は、効き目や安全性が実証されている薬と同じ成分であり、厚生労働省の基準をクリアした薬です。ただし、同じ有効成分を使用していてもメーカーごとに添加剤等の成分が異なることがあり、体質にあわないこともあります。

価格

 費用や時間をかけずに開発できるので、一般的に新薬よりも安くなります。

医療費の削減

 ジェネリック医薬品を使用することで薬代の自己負担の軽減や医療費全体の節減、国民健康保険税の軽減につながります。医療技術の進歩や高齢化等により今度も医療費が増大することが見込まれる中、次の世代に日本の医療保険制度を持続させるためにも重要な役割を担っています。

ジェネリック医薬品へ切り替える際の注意点

  • かかりつけの医師や調剤薬局の薬剤師と十分ご相談ください。
  • 医師の判断によりジェネリック医薬品が処方されない場合があります。
  • お薬代が下がっても、技術料や管理料などで窓口支払額が軽減とならない場合があります。

『ジェネリック医薬品利用差額通知』について

 お薬代の自己負担軽減と医療費全体の節減を図るため、新薬からジェネリック医薬品に切り替えた場合の軽減額をお知らせする『ジェネリック医薬品利用差額通知』を実施しています。

実施内容について 

対象者

 ジェネリック医薬品に切り替えた場合に自己負担額が100円以上軽減が見込まれる方

通知時期

 6月(3月処方)、10月(7月処方)翌2月(11月処方)の3回

ジェネリック医薬品利用差額通知コールセンターの設置

 差額通知に関するお問い合わせに対応するため、コールセンターを設置しています。下記フリーダイヤルまでお電話ください。

 フリーダイヤル:0120-53-0006

 受付時間:平日9時~17時(祝日・年末年始は除く)

カテゴリー

このページのトップに戻る