宮崎市

ホーム健康・福祉国民健康保険給付特定疾病(人工透析等)の治療費

特定疾病(人工透析等)の治療費

次の場合は「特定疾病療養受療証」を病院の窓口に提出すれば、毎月の自己負担限度額が一つの医療機関で10,000円になります。
(70歳未満の現役並み所得者の自己負担額は1ヶ月20,000円までとなります)。

  1. 人工透析が必要な慢性腎不全
  2. 高額な治療を長期継続して行う必要がある先天性血液凝固障害の一部
    血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症

特定疾病療養受療証の認定申請に必要なもの

  • 国民健康保険被保険者証または後期高齢者医療(長寿医療)被保険者証
  • 印鑑(国保加入の方は世帯主の印鑑、後期高齢者医療(長寿医療)加入の方は本人の印鑑)
  • 特定疾病認定申請書
    (医師の意見書のあるもの。ただし、新規に国保に加入されるとき、すでに他の保険者の特定疾病療養受療証をお持ちの方は、同証を提示されれば、医師の意見書は不要です。)

宮崎市国民健康保険から後期高齢者医療(長寿医療)制度に加入したときは、申請手続きが再度必要です。

カテゴリー

このページのトップに戻る