宮崎市

ホームくらし・手続き地域活動市民活動令和元年度宮崎市市民活動支援補助金 交付決定団体一覧

令和元年度宮崎市市民活動支援補助金 交付決定団体一覧

令和元年度宮崎市市民活動支援補助金 交付決定団体一覧

交付決定団体一覧
区分 団体名 事業名

補助額

(円)

成長期

(従来型)

プチ・コパン 子育て支援がつなぐ絆づくり 385,000

就労支援 astomos

治療と仕事の両立支援活動 238,000

一般社団法人あわいや

多様な心の繋がりを実践するアートワークショップ及び

映像作品制作事業

110,000
日本ALS協会宮崎県支部 重症難病患者コミュニケーション支援講座 201,000
セラピーパートナーズ

高齢者とペットに関わる福祉事業

(高齢者のペット問題の取り組み・アニマルセラピー・

TNR活動)

108,000
だんでぃらいおんの会 がん検診啓発事業 じぶんをもっと愛そうよFES 2019 219,000

特定非営利活動法人

Swing-By

みやざき子ども未来応援フォーラムの開催 354,000

成長期

(協働型)

原爆と戦争・宮崎空襲展を

成功させる会

宮崎の明治維新・戊辰戦争と学校の歴史を語り継ぐ事業 500,000

LGBT交流会

「レインボービュー宮崎」

性の多様性を知ることから広がる理解の輪 -2019-

~それぞれの立場でできること、情報を届けたい~

495,000

※上記内容は交付決定時のものであり、補助金額を含め確定したものではありません。

令和元年度宮崎市市民活動支援補助金 審査の評価方針について

事業の目的、ニーズ、社会貢献性(公益性)

  • この事業を何のために行うのか、取り組み目標や成果、効果等が具体的に説明されているか。
  • 事業に対する地域や市民からのニーズがどの程度あるか明確にされているか。
  • 他の事業に比べ、優先的に行う必要があるのか。
  • 事業を行うことにより、「誰に」「どのような」利益をもたらすかが明確にされているか。

事業の内容、対象者、効果/特色

  • 市が支援する市民活動(営利を目的とせず、自主的に行う、不特定かつ多数のものの利益の増進に寄与)として、広く一般から理解が得られる事業であるか。
  • 参加者やボランティア数に無理がないか。
  • その事業が、地域の課題解決、活性化等にどう役立つのか、事業の成果が、市民・地域へどのような効果がどの程度あるか明確にされているか。
  • 類似事業とは異なる特色や、新たな試みなどアピールポイントがあるか。

事業の計画性、周知方法、継続性

  • 「いつ」「どこで(実施場所)」「誰が(対象者)」「何を」「誰(何)を対象に」実施するかが明確にされているか。
  • 複数のイベントで構成する事業の場合は、複数の項目に区分・整理されているか。
  • 行政や公的機関が担うべき内容や活動については、適切な機関・部署と連携する計画が示されているか。
  • 「誰に」「どのような方法で」周知をするのかが明確にされているか。
  • 翌年度以降、どのような展望を持ち活動していくのか。継続性はあるか。

予算の妥当性

  • 団体負担や受益者負担の視点を持って、収入努力の姿勢が見られるか。
  • 支出額について、具体的な根拠の積み上げによって算定されているか。
  • 市民活動(営利を目的とせず、自主的に行う、不特定かつ多数のものの利益の増進に寄与)として、適正な予算内容であるか。
  • 団体の運営管理費で負担すべき内容が、補助対象予算として計上されていないか。

各コース独自の審査項目

<始業期(はじめの一歩)支援補助金コース>

  • 団体の自立を促進するのに効果的な事業であるか。
  • 団体として活動を行っていくうえでの今後の展望があるか。

<成長期支援補助金コース(従来型)>

  • 対象経費の80%補助に合わせた予算組みになっていないか。
  • これまでの活動実績や団体の特性を生かした特色ある事業内容となっているか。

<成長期支援補助金コース(協働型)>

  • 市担当課と協働で事業を実施することにより、事業内容の向上が期待できるか。
  • 事業実施にあたり、団体と市担当課とでそれぞれの特性を生かした役割分担ができているか。

カテゴリー

このページのトップに戻る