宮崎市

ホームくらし・手続きごみ・環境事業系ごみ産業廃棄物である「木くず」の範囲の見直し

産業廃棄物である「木くず」の範囲の見直し

※ 平成20年4月から、木製パレットなど、これまで一般廃棄物として扱われていた木くずが産業廃棄物になります。

(1)現行(平成20年3月31日まで)

建設業などの特定の業種に係るもののほか、ポリ塩化ビフェニル(PCB)が染み込んだものが産業廃棄物とされ、それ以外のものは一般廃棄物として扱われてきました。

産業廃棄物と一般廃棄物
産業廃棄物 ・建設業に係る木くず(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたもの)
・木材又は木製品の製造業(家具製造業を含む)に係る木くず
・パルプ製造業に係る木くず
・輸入木材の卸売業に係る木くず
・事業活動から生じたPCBが沁み込んだ木くず(特別管理産業廃棄物)
一般廃棄物 ・木製家具、器具類
・木製パレット
・その他の木くず(剪定枝、伐採木、流木など)

(2)見直し後の内容

廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令第2条第2号の「木くず」に関する規定が改正され、次に掲げるものが、新たに産業廃棄物に分類されることになります。

1. 物品賃貸業(リース業)に係る木くず
リース事業者から排出される木製のリース物品(家具、器具類等)が該当します。

パレット

2. 貨物の流通のために使用したパレットに係る木くず
「パレット」とは、貨物を荷役、輸送又は保管するために単位数量にとりまとめて載せる面をもつ台のことであり、積載面の上部に木枠などの構造物を有するものを含みます。
なお、魚や野菜などを輸送する際に、当該貨物をその中に入れるために用いられる小型の木箱やパレットの使用を伴わない大型の木枠などは、パレットの積付けのために使用されるものではないため該当しません。
 
(3)施行期日(産業廃棄物としての取扱いが開始される日)
平成20年4月1日

 

 

カテゴリー

このページのトップに戻る