宮崎市

ホームくらし・手続きごみ・環境環境保全エコバッグ持参推進(国の「レジ袋有料化義務化」について)

エコバッグ持参推進(国の「レジ袋有料化義務化」について)

課題

買い物をするときに受け取るレジ袋の多くは、プラスチックでできています。プラスチック製品は、非常に便利ですが、プラスチックごみの流出による海洋の汚染や地球温暖化といった、地球規模の課題となっています。

国の動き

レジ袋の有料化義務化が2020年7月スタート。

私たちにできること

必ずエコバッグを持参して、レジ袋を受け取らないことからプラスチック使用削減に取り組んでみませんか。

エコバッグ推進 啓発.jpg

宮崎市の取り組み

買い物をするときのエコバッグの持参を推進しています。
ご家庭で使っていないバッグを回収して、「ごみ減量とリサイクル啓発のイベント」でエコバッグを必要な人に配布するリユース運動を行っています。
ご協力いただける方は、環境政策課または各総合支所地域市民福祉課へご持参ください。
※一度お預かりしたものは、お返しできないので、バッグの中に忘れ物がないようにお願いします。お預かりして配布に適さないと判断したものは、処分することがあります。

 

レジ袋有料化義務化について

出典:財務省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、環境省 「レジ袋有料化Q&Aガイド」。詳しくはこちら

Q1  なぜ、プラスチック製買物袋の有料化をするのか?

海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの解決に向けた第一歩として、プラスチック製買物袋の有料化を通じて、マイバッグの持参など、消費者のライフスタイルの変革を促すことが目的です。

Q2  プラスチック製買物袋の有料化はいつから?

2020年7月1日から全国一律で開始します。ただし、前倒しで有料化することを推奨しています。

Q3  提供するプラスチック製買物袋の価格や売上の使途は決められているのか。

価格や売上の使途は制度の趣旨・目的を踏まえて事業者自らが設定することになります。(ただし、プラスチック製買物袋1袋当たりの価格が1円未満になるような価格設定をすることは有料化には当たりません)

カテゴリー

このページのトップに戻る