宮崎市

ホームくらし・手続きごみ・環境ごみの分け方・出し方金属製のふた・キャップの分別の違い等について

金属製のふた・キャップの分別の違い等について

1.金属製のふた・キャップの分別の違い

ごみと資源物の分け方・出し方 ハンドブック追加ページ2.jpg

2.乳酸菌飲料等のペットボトルについて

発酵乳飲料等のペットボトル.jpg

3.色つきのペットボトル、ペット缶(通称)について

(1)色つきのペットボトル

1 金属製のふた・キャップの分別の違い.jpg

 資源物の『ペットボトル』で出せるものは、無色透明のものだけです。

 色つきのペットボトルは、マーク(1)があっても『燃やせるごみ』です。

 なお、ペットボトルはプラスチックのマーク(3)が付いていませんので、『プラスチック製容器包装』でもありません。

 

(2)ペット缶(通称)

 アルミ製のふたが付いているペット缶(通称:2)は、ペットボトルのマーク(1)やプラスチックのマーク(3)があっても『燃やせないごみ』です。

 

お問合わせ、分別誤りの多いもの 分け方・出し方.pdf (PDF 152KB)

発酵乳飲料等のペットボトルについて.pdf (PDF 963KB)

カテゴリー

このページのトップに戻る