宮崎市

食品ロスの削減について

食品ロスとは?

 食品ロスとは、本来食べられるのに捨てられてしまう食品のことです。

 日本の食品ロスは、年間約612万トン発生していると推計されています。

 

 食品ロスのうち、約半分は家庭から出ています。

   家庭からの食品ロスは以下の3つの原因は挙げられます。

(1)過剰除去…野菜や果物の皮を厚くむきすぎたり、取り除きすぎたもの

(2)直接廃棄…消費・賞味期限切れになったり、何も手を付けられずに捨てられたもの

(3)食べ残し…作りすぎ、買いすぎ、食べものの好き嫌いで食べ残したもの

食品ロスHPグラフ.jpg

 (農林水産省平成29年度推計値)

廃棄された食品を処理するときには多額のコストが発生し、CO2も排出されます。

私たち一人ひとりが食べものを無駄なく、大切に消費していきましょう。

食品ロスを減らすには?

買い物前に、家にある食材をチェックしよう

 使いきれる量だけ買いましょう

 メモ書きやスマホのカメラ機能を活用しましょう

消費期限が近い食材を使い切ろう

 家にある食材を優先的に使い、消費期限の近いものから使い切りましょう

・消費期限…安全に食べられる期限。傷みやすい食品に表示される。(弁当、サンドイッチ、惣菜など)

・賞味期限…おいしく食べられる期限。日持ちする食品に表示される。(お菓子、カップ麺、缶詰など)

 賞味期限が切れてもすぐに食べられなくなるわけではありません

 すぐ捨ててしまうのではなく、見た目やにおいなどで判断しましょう

食材を状態良く保存しよう

1.買ったらすぐに下処理しましょう

2.冷凍は新鮮なうちに、解凍後もすぐに調理しましょう

3.冷凍できる食品を知りましょう

食べきれる量を作ろう

 少なめに作って、足りないときは常備菜を出動させましょう

残った料理をリメイクしよう

 料理レシピサイト”クックパッド「消費者庁のキッチン」"にレシピが多数載っています!

 詳しくはこちら

 

カテゴリー

このページのトップに戻る