宮崎市

ホーム宮崎市長のページささや記市広報10月号 市長のささや記

市広報10月号 市長のささや記

 

 「神武さま」で知られる宮崎神宮大祭は、秋の宮崎を彩る県下最大の大祭として、多くの市民に親しまれています。

その起源は定かではありませんが、1784年(天明4年)の「調書草稿」や1876年(明治9年)から残されている「宮﨑神宮日誌」などの書物には、神宮大祭の当時の様子が記録されてい

ます。隊列を組む現在の形となったのは、1909年(明治42年)頃からのようで、時代の流れとともにシャンシャン馬などが加わり、神々のパレード「神賑行列」として、最盛期には2日

間で約50万人もの観客が集まった記録が残っています。。

 私も、小学生時に全校児童で「神武さま」を観覧した思い出があります。

 神話の国宮崎を象徴するこの祭を通して、宮崎の歴史や文化芸能を堪能してほしいですね。

 

 

 

このページのトップに戻る