宮崎市

ホームくらし・手続き消防・防災災害に備える宮崎市防災ラジオをご存知ですか?

宮崎市防災ラジオをご存知ですか?

宮崎市防災ラジオを販売しています

株式会社宮崎サンシャインエフエムと連携し、同報系防災行政無線からの音声をラジオ放送中に緊急で割込み放送し、市民のみなさんへ迅速かつ確実に情報を届ける新しい情報伝達手段ができました。

防災ラジオ写真

防災ラジオの特徴

電源がオフの状態でも緊急放送時に自動で起動

電源がオフの状態や他局のラジオを聴いている場合でも、緊急放送を受信すると自動で起動し、大音量で放送が流れます。

自動点灯、録音機能等

  • 緊急放送時はライトが点滅し、耳が聞こえにくい方への「気づき」を助けます。
  • 停電時(コンセントからの電気の供給がなくなったとき)は自動で乾電池からの供給に切り替わり、自動点灯するため停電時にもラジオが見つけやすく、避難時の明り取りにもなります。
  • 緊急放送を自動で録音するため、聞きのがしも防止できます。
  • 操作は全てボタン式で機械の苦手な方も簡単に操作できます。

仕様

  • AMとFMを聴くことができます。
  • 寸法(mm):約100(高さ)×150(幅)×46(奥行き)
  • 重量:約430g(電池を含み、AC電源アダプター含まず)

※平常時は必ずコンセントから電源を確保してください。特殊な機能(緊急時自動起動)がついているラジオですので、乾電池のみで使用した場合稼働時間は3日程度です。

販売について

災害情報は、防災行政無線や、災害情報メール等により情報伝達を行っていますが、高齢者は携帯電話、メールの取り扱いが困難な方が多いことから、後期高齢者となる75歳以上の世帯を対象として安価な価格で販売しています。
また、津波に関する情報は、瞬時に情報伝達する必要があることから津波浸水想定区域を対象としています。
申込書 (PDF 93.3KB)
※郵送でも受付しています。

対象

市内に居住する方、市内に所在する法人及び任意団体

申込

宮崎市役所危機管理課(本庁舎4階)宮崎市橘通西1-1-1

総合支所地域総務課、地域センター、地域事務所でも申し込みは受付できます。

販売価格

ラジオ1台2,000円または実費相当額(1万円前後)

屋内用外部アンテナ1個実費相当額(千円程度)※別売り


※建物の構造や設置箇所の環境によっては、電波が届きにくい場合があります。購入後に電波が入らない場合、返却・返金はできませんので、あらかじめ電波の受信状況を確認のうえ購入をご検討ください。

宮崎市防災ラジオの有償配付に関する要綱 (PDF 345KB)
宮崎市防災ラジオ案内チラシ (PDF 1.52MB)

電波の受信確認方法                        

津波浸水想定区域にお住まいの方

平成30年1月中旬に津波浸水想定区域の自治会長136名に防災ラジオを各1台ずつ(貸与を希望された自治会のみ)無償貸与していますので、自治会長からラジオを借用することができます。お住まいの地域の自治会長に直接相談されてください。
宮崎市防災ラジオの無償貸与に関する要綱 (PDF 131KB)

・津波浸水想定区域外にお住まいの方等

危機管理課にモニタリング用の防災ラジオを準備していますので、ご相談ください。

市販のラジオで確認いただいてもかまいません。

防災ラジオの設置方法

  • 宮崎サンシャインエフエムの放送電波は「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」屋上より発信されています。なるべくホテル側の窓際に設置し、アンテナをいっぱいにのばしてご使用ください。(電波の性質上アンテナは水平に傾けた方が受信し易い傾向があります。)
  • 平常時は必ずコンセントから電源を確保し、乾電池は1年に1度は取り替えてください。(液漏れによる、故障の原因となります。)

放送内容

  • Jアラートが配信する緊急情報や、市が防災行政無線で放送する災害情報(津波予報、気象特別情報、避難情報、その他災害緊急情報及び市が必要と判断した情報等)を放送します。(緊急地震速報は放送しません)
  • 毎月1回緊急起動をともなう試験放送を実施しています。(試験放送時は大音量ではなく、設置しているラジオの設定音量)

防災ラジオ以外の市の災害時情報伝達手段

災害情報配信手段(システム構成イメージ) (PDF 472KB)

カテゴリー

このページのトップに戻る